政策・マーケット

自治体新電力が生き残るために必要なのは、単なる"安売り合戦"ではない。岩手県久慈市の「久慈地域エネルギー」は、再エネ設備の導入から少子化対策の方法を模索するなど、地域に根ざした運営を目指している。

重要なのは「安売り」ではない? 自治体新電力が生き残るポイントとは

淘汰の時代に突入した新電力。"生き残る自治体新電力"は、どのような取り組みを行っているのか? 今年2月に横浜市との電力供給の連携協定を結んだ、岩手県久慈市の「久慈地域エネルギー」の事例に着目する。

自治体新電力が巨大都市と連携!? 「久慈地域エネルギー」の事例

世界中でエネルギー転換が起これば、中東諸国やロシアなどの化石燃料輸出国よりも、再エネ技術に投資してきた中国が台頭することになる。再エネシフトが世の流れとなっている今、日本はどのような立ち位置にいるのだろうか。

2019年は世界の”エネルギー地図”が変わる! 中国市場と日本の現状

近年、企業ベースでは「RE100」が利益に直結するなど、もはや政策論だけではエネルギーを語れない。そんな中、長年にわたり石油資源国が独占してきたエネルギー体制の地政学が、2019年に大きな転換点を迎えようとしている。

「エネルギー地政学」の大転換時代が到来!? 世界的な再エネ移行の動き

ここ数年で起きている、新電力の淘汰。価格の安さと拡大戦略だけで生き残ろうとするのではなく、地域密着型の事業者だからこそ強みにできる"付加価値"とは?

再エネ拡大だけではない、民間新電力が目指す「人が残るまちづくり」

モーターショーが世界で最初に開催されたのはパリのテュイルリー公園だった。120年の節目の年となる2018年のパリモーターショーを華やかに彩ったのは、自動運転を見据えた近未来のEVとプラグインハイブリッド車だ。そこで注目のEVコンセプトカーにスポットを当ててみた。

モーターショーで注目! 自動運転を見据えた最新EVコンセプトカー

『スター・ウォーズ』や『インディ・ジョーンズ』などでお馴染みの俳優ハリソン・フォードは、長年、環境問題に取り組んできた。各界のトップに啓蒙し続けた彼の新たな決意とは?

「世界気候行動サミット」で、ハリソン・フォードは何を訴えたのか?

福島電力の経営破綻など、新電力の“淘汰”が進む中、成功を収めている企業も確実に存在する。新電力のコンサルティングも手がけるエネルギージャーナリストの北村和也氏が、地域で活躍する新電力企業を紹介する。

“地域密着型”新電力の強さとは? 福岡県「やめエネルギー」の事例

電力シェアリングエコノミービジネスを拡大するには、大手とベンチャーが手を組んで進めることが必要だ。現在、日本でも様々な電力会社が実証実験を行っている。

日本でも進む『電力シェアリングエコノミー』異業種との融合も

国際エネルギー機関(IEA)が年次レポート「Renewables 2018 Analysis and Forecasts to 2023」(RE2018)を発刊。2023年までの再生可能エネルギー導入量や、CO2排出量の見通しは?

2023年までの再エネ導入量予測は? 国際エネルギー機関が公表

1 2 3 21

アクセスランキング

  1. 太陽光発電8設備が初の「FIT認定取り消し」 申請せずに発電事業を実施
  2. 自治体新電力が巨大都市と連携!? 「久慈地域エネルギー」の事例
  3. 4/16(火) 次世代パワエレシンポジウム+PVビジネスセミナー 同時開催!
  4. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 2019年度のFIT調達価格は14円/kWh! 前年度から2割超の大幅減額に!
  8. 重要なのは「安売り」ではない? 自治体新電力が生き残るポイントとは
  9. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  10. 「2019年問題」専用サイト開設! エネ庁が注意喚起と情報提供

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.28 / ¥0
2019年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース