政策・マーケット

タイナビ会員、産業用太陽光発電の全国シェア13%超

土地付き太陽光発電・風力発電投資物件検索サイト「タイナビ発電所」や、産業用太陽光発電一括見積もりサイト「タイナビNEXT」を運営する株式会社グッドフェローズは、タイナビグループ会員が全国太陽光発電物件のシェア13%を占めていることを発表した。

全国の発電事業者の10人に1人は
タイナビグループ会員

日本初の土地付き太陽光・風力発電投資物件サイトを運営する株式会社グッドフェローズは、全国発電事業者のうち、自社サイト「タイナビ発電所」「タイナビNEXT」会員が占めるシェア率について、2017年11月に調査を行った。

調査によると、タイナビグループ会員約2万8,000名のうち、発電所を保有しているのは6,201名。
同会員が保有する発電設備は「再生可能エネルギー発電事業計画の認定情報リスト(経済産業省・資源エネルギー庁が2017年10月12日に発表)」のうち、全体の13%を超える大きなシェアを占めていることがわかった。

総保有物件数は2万件以上で、その内訳は低圧が19,293件、高圧が1,379件、特別高圧が18件、低圧が93%を占めている。
総出力容量は2GW以上となり、これは原子力発電所約2基分に相当する。

グッドフェローズは、2019年末時点でのタイナビグループ会員の保有物件数の占有率を低圧・高圧各30%にすることを目標に、今後もセカンダリーマーケット・ソーラーシェアリングなど再生可能エネルギーを中心とした新たな事業領域を拡大していく考えだ。

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 電力会社が再エネに注力! 重い腰が上がり始めた背景とは(前編)
  4. 大好評「PVビジネスセミナー」9/24(火)に大阪で開催!
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?
  8. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース