政策・マーケット

九州電力が5・6回目の出力制御、今回から風力発電も対象に

九州電力が、5・6回目となる出力制御を実施。今回から、風力発電も対象となった。蓄電池の充電や、揚水発電用の水のくみ上げ、関門連系線による域外送電などを活用したうえで、11月4日(日)には過去最高となる121万kWが制御対象となった。

11月4日の日曜日は
過去最高の121万kW

九州電力は、11月3日(土)と4日(日)の2日間、再生可能エネルギーの出力制御を実施。九電の出力制御は、これで5・6回目となる。

これまでの4回は太陽光発電のみが対象だったが、今回は風力発電も対象に含まれた。九電管内の再エネ発電設備は、出力ベース(9月末設備量)で太陽光発電が812万kW、風力発電は50万kWだという。

出力制御は、両日とも午前9時00分~16時00分の間で実施。最大余剰電力発生時刻は、両日とも12時~12時30分だった。11月3日(土)は55万kW、11月4日(日)は過去最高となる121万kWが制御対象となった。

11月4日(日)の電力需給の内訳は、エリア需要が696万kW、大容量蓄電池の充電・揚水運転が226万kW、関門連系線を活用しての域外送電が202万kWだった。これらを足した1,124万kWが、需要の総合計となる。

一方、供給力の合計は1,245万kW(うち再エネ出力は572万kW)。需要と供給力の差分である121万kWが、出力制御の対象となった。

関連記事:九州電力が国内初の出力制御を実施! 「再エネの主力電源化」へ課題
 

DATA

九州電力

関連記事

アクセスランキング

  1. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  2. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  3. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  8. 2030年度には電力小売事業の「PPA」が市場規模400倍に
  9. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  10. 太陽光の「シェアリングエコノミー」がバングラディシュで普及中!
 

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース