スマート関連

2018年に完成予定! 藤沢市の次世代街づくりとは

2014年11月27日、神奈川県藤沢市に計画中のFujisawa サスティナブル・スマートタウン(以下Fujisawa SST)の中核を担う拠点として「Fujisawa SST SQUARE」が開業し、グランドオープンの式典が行われた。

街のコンセプトは「100年先も『生きるエネルギー』が生まれる街」。非常時に街全体のエネルギーを支える、コミュニティーソーラーやEV車の展示と試乗が行われる施設「カーライフラボ」など、エコでスマートな次世代の街づくりモデルとして実現を加速させている。

今回、開業されたFujisawa SST SQUAREは街のランドマークとなる中心地。タウンマネジメント機能、迎賓機能、コミュニティ醸成機能などを併せ持っており、環境教育やイベントも実施するカフェ&キッチンコーナーのある「SQUARE Center」、参加型ワークショップを展開する食とものづくりの工房「SQUARE Lab」、環境に優しい移動手段を提供する「SQUARE Mobility」などの3施設が豊かなライフスタイルをサポートする。

また、第2期販売区域には「カーフリー街区」を設置。車を所有せずタウンサービスのエコカーシェアリングやレンタカーサービスを活用することで、経済的負担を軽減、敷地の有効活用も実現することが可能だ。

これからも進化し続け、最終的に2018年に完成予定のFujisawa SST。次世代のスマートコミュニティとして、世界へ発信していく計画だ。


日本電業工作株式会社
http://fujisawasst.com/JP


Text>>下本菜実

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 12/19(木)開催PVビジネスセミナー「成功する産業用自家消費ビジネス」
  3. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  8. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  9. 『Amazonプライム』の年会費4,900円がゼロに⁉ 大阪ガスが今までにない電力サービスを開始
  10. JCLPがエネ庁へ意見書を提出! 「発電側基本料金」による再エネ負担増を懸念

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.31 / ¥0
2019年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース