スマート関連

総務省の「地域の元気創造プラン」に基づいて、地域活性化インフラプロジェクトの一つである「分散型エネルギー・インフラプロジェクト」が立ちあがった。現在対象の14団体が決定して、始動しているという。第2回目は低炭素化社会の実現について考える。

「低炭素化社会」の実現は地域の慎重な資源整備から

総務省の「地域の元気創造プラン」に基づいて、地域活性化インフラプロジェクトの1つである「分散型エネルギー・インフラプロジェクト」が立ちあがった。現在対象の14団体が決定して、始動しているという。

分散型エネルギー・インフラプロジェクトって何?

「地産地所有」の地域分散型エネルギーが進み、風力発電が4割もの電力市場とバイオマスを活用した世界最先端「第4世代地域熱供給」が融合するスマート化がデンマークで進んでいる。その技術移転を進める飯田哲也氏に、現状について話を聞いた。

世界最先端「第4世代の地域熱」がいよいよ日本に到来!

今後の再生可能エネルギーの拡大において、重要な役割を果たすことが期待されている蓄電池。主な蓄電池の種類とともに、これから蓄電池に期待される役割についても見てみよう。

蓄電池の基礎知識 スマートコミュニティの活用

「万が一の停電」に備える蓄電池。 だが、その万が一の非常時に動かなければ意味をなさない。 そんな事態が、日本で実際に起こっているのだ。 蓄電池の枠を超えた独立電源システム 「パーソナルエナジー」は、 そんな蓄電池の現状に一石を投じる。

オフグリッド診療所が選んだ ホントに使える蓄電池の話

蓄電池は「貯める」から「使う」へ! 連載企画「未来への鍵 蓄電池」Part.2は、再エネ分野で世界的に注目されている蓄電池市場について、専門家である村沢義久・立命館大学大学院客員教授が現状と未来を分析する。

家で発電したい人必見!超オトクに自家発電できる強い味方

インターソーラーヨーロッパ2016の開催まで残り3ヶ月を切った。昨年のインターソーラーヨーロッパ2015の様子をおさらいしてみよう! 再エネビジネスの未来を考える企画「未来への鍵」第1回目

インターソーラーで急増の蓄電池 未来への鍵①

再生可能エネルギー電気の平準化や電気自動車の動力源など、様々な役割を果たす蓄電池の普及は、スマート社会の実現には不可欠だ。

蓄電池トレンドをピックアップ!  今後の市場は?

2014年11月27日、神奈川県藤沢市に計画中のFujisawa サスティナブル・スマートタウン(以下Fujisawa SST)の中核を担う拠点として「Fujisawa SST SQUARE」が開業し、グランドオープンの式典が行われた。

2018年に完成予定! 藤沢市の次世代街づくりとは

最新のソーラー技術で生活がより豊かに!今回は窓ガラスに貼るだけで充電ができる超便利な充電器を紹介!

窓ガラスから太陽光で充電!? 次世代スマート充電器

1 3 4 5

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  3. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  4. 大好評「PVビジネスセミナー」9/24(火)に大阪で開催!
  5. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?
  6. 家で発電したい人必見!超オトクに自家発電できる強い味方
  7. 電力会社が再エネに注力! 重い腰が上がり始めた背景とは(前編)
  8. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  9. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  10. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース