太陽光発電

太陽光発電の適地が減少する中、大きなポテンシャルを秘める水上ソーラーが注目を浴びている。環境コンサルタントの村沢義久氏が、その可能性を探った。

水上ソーラーに注目! 全国21万ヶ所・フラットで造成不要

傾斜地、軟弱地盤、岩盤地域など様々な立地条件に対応するには、高強度の架台が必要だ。背の高い架台が要求される営農型の太陽光発電所(ソーラーシェアリング)にも対応できる、架台の施工方法とは?

急斜面でも設置可能! 太陽光発電で人気の「高強度架台」の実力とは?

2月27日から東京ビッグサイトで開催される『スマートエネルギーWeek 2019』。大きなビジネスチャンスを秘めたイベントだけに、ぜひ今年は“攻め“の姿勢で訪れてもらいたい。イベントを最大限に活かす方法を、ソーラージャーナル編集部が提案!

『スマートエネルギーWeek』はこう攻めろ! 最大の効果を狙うコツは?

今年で第5回目となる、太陽光発電所のO&M・アセットマネジメントに特化したカンファレンス『ソーラーアセットマネジメントアジア』。カンファレンスに先駆け、3月1日(金)にミートアップイベントを開催! ソーラージャーナル読者には割引特典も!

『ソーラーアセットマネジメントアジア』開催! チケットの割引特典も

太陽光発電所をパワーアップさせるソリューションとして導入が広がる「ストリングオプティマイザ」。2019年1月、ハワイのカウアイ島に同製品を活用した巨大な蓄電システムが誕生した。

世界最大級の「高効率蓄電システム」がハワイに完成、構築方法は?

太陽光発電と農業の未来を拓く技術として、注目を集める「ソーラーシェアリング」。今回、その発案特許者である長島彬さんを招いての講演会が、2/25(月)に開催決定! 参加申し込みはコチラから!

【2/25開催】長島彬さんのソーラーシェアリング講演会、参加受付中!

太陽光発電協会(JPEA)と日本電機工業会(JEMA)が、1月31日に説明会を実施。1月28日に消費者庁が公表した「住宅用太陽光の火災等事故の原因調査」のまとめを受け、業界団体としての見解を述べた。「太陽電池モジュールまたはケーブルから発生した火災事故等」の発生率は100万件に1件程度だという。

「モジュールやケーブルからの火災事故等は100万件に1件」JPEAが説明会

太陽光発電協会(JPEA)の新春交流会が盛り上がった。産業界・官界・政界それぞれのキーパーソンが挨拶に立ち、2019年の太陽光発電を展望した。主力電源化に向けて、どんな年になっていくのか──JPEA 新春交流会に、その答えを探る。

「JPEA 新春交流会」開催! 有識者が語る”2019年太陽光発電の展望”とは

太陽光発電のセカンダリー取引の活発化に向け、ますます重要視されるO&M。そんな中、新たに「ドローンによるパネル検査」が加わったO&Mパッケージが登場! サーモグラフィカメラで発電ロスの発生をすばやく検知し、メンテナンスが必要な箇所を洗い出す仕組みだ。

太陽光発電所は「ドローン」で点検!? 発電ロスをすばやく検知

太陽光発電が自家消費時代へ突入している今、日本の太陽光発電システムは他国に比べて遅れをとっているという。太陽光発電設備の施工を行う、株式会社エコライフ・インターナショナルCEOの井手錠氏は「これからは海外にも目を向けるべき」と語る。

日本のソーラーシステムは遅れている!? 自家消費時代を生き残るには?

1 2 3 35

アクセスランキング

  1. 沖縄本島初! 蓄電システム付き太陽光発電所完成!
  2. 急斜面でも設置可能! 太陽光発電で人気の「高強度架台」の実力とは?
  3. 世界最大級の「高効率蓄電システム」がハワイに完成、構築方法は?
  4. 水上ソーラーに注目! 全国21万ヶ所・フラットで造成不要
  5. “地域密着型”新電力の強さとは? 福岡県「やめエネルギー」の事例
  6. 【2/25開催】長島彬さんのソーラーシェアリング講演会、参加受付中!
  7. 『ソーラーアセットマネジメントアジア』開催! チケットの割引特典も
  8. 『スマートエネルギーWeek』はこう攻めろ! 最大の効果を狙うコツは?
  9. 「モジュールやケーブルからの火災事故等は100万件に1件」JPEAが説明会
  10. 日本でも進む『電力シェアリングエコノミー』異業種との融合も

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.28 / ¥0
2019年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース