太陽光発電

単結晶モジュールのグローバルリーダー、ロンジ・ソーラーが日本市場での販売を強化する。同社は、日本の太陽光をどう捉えているのか? 日本支社で代表取締役社長を務める秦超氏に聞いた。(Part1)

単結晶モジュール世界No.1企業が語る、太陽光の未来

太陽光発電システムの運用にあたり、重要な課題となる電力ロス。なかでも、出力量が異なるパネルを1台のパワコンへ接続した際に起こる「出力低下」の問題は大きいが、これを解決する「MLPE」技術をご存知だろうか。大手メーカーからも販売決定し話題を呼んでいる、発電最適化の方法とは?

電力ロスを抑え、発電を最適化する「MLPE」って何?

2011年の東日本大震災で、大きな被害を受けた宮城県石巻市。この地で現在、ゴルフ場跡地を利用した巨大な太陽光発電所が建設され、運転を開始しているという。周辺地域の復興を後押しする再エネビジネスとは?

メガソーラーで地域復興へ! 石巻市の挑戦

台湾の電源メーカー、デルタ電子は太陽光発電業界で巻き起こるパワーコンディショナ(PCS)の分散設置ブームの火付け役となった。それだけではなく、ここにきて新たなソリューションを次々と打ち出している。同社の次なる一手に迫る。

新提案! デルタ電子が見据えるこれからの太陽光

太陽光発電向けパワーコンディショナの世界シェアNo.1を誇るSMA。変化を続ける日本の太陽光発電市場において、どのような戦略を描いているのか。SMAジャパン代表の今津武士氏にきいた。

新たな地図を描くSMA パワコン専業の先へ

固定価格買取制度(FIT)の恩恵で急速に伸びた太陽光発電業界だが、今や様々な要因から市場は発想の転換の時代に入っている。その中で、積極的な投資で成長を続けるLooopが成功した秘訣とは何か。また、将来的にどんな経営をしていくのか。同社代表取締役社長CEOの中村創一郎氏に聞いた。

サステナブルな経営で株式上場を目指す

世界初! 太陽光発電を利用した電池だけで運行する電車がオーストラリアで誕生した。古くなり、使われなくなっていた電車は、柔軟にレイアウトが可能な'曲がる'太陽光パネルを利用することによって新たに生まれ変わった。

世界初! 太陽光のみで走る電車がオーストラリアで誕生

太陽電池のみを電源にして道を滑走できる自動車「ソーラーカー」。この夢のようなソーラーカーが、街中を走り回る日もそう遠くはない……!? オランダの大学生が開発した驚きの発明を紹介!

オランダのソーラーカーが豪州3000キロを走破!

改正FIT法の施行、そして8月末の施行規則の改正など、太陽光発電ビジネスは人々の生活に寄り添える形を探して変化を続けている。太陽光業界のトップランナーたちに、戦略と展望を聞く人気シリーズ。今回は株式会社NTTファシリティーズソリューションの白木利幸氏と、Chint Solar Japan株式会社の鎌田康史氏に話を聞いた。

正念場を迎えるPV市場。高発電量のMタイプ工法とは?

太陽光発電協会(JPEA)が集計する、太陽電池モジュールの出荷統計。その最新版として2017年12月度の情報が公表された。

JPEA発表 気になる太陽電池モジュールの出荷量は?

1 2 3 18

アクセスランキング

  1. 大容量&低価格、テスラの新・家庭用蓄電池!
  2. 【速報】太陽光発電の「入札」結果が明らかに!
  3. 「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想
  4. 来年度FIT激変、バイオマス発電に「入札」を導入!
  5. 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」4/11開催
  6. 2017年度、これが新FIT買取価格だ!
  7. あなたは知ってる? 小型風力発電の3つの注意点
  8. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  9. なぜ日本では「風力発電」導入が遅れているのか?
  10. 再エネが繋げない? 送電線「空き容量ゼロ」は本当か
SMA CO2O

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.24 / ¥0
2018年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース