太陽光発電

日本で成長率100%を目指すジンコソーラーの戦略

太陽光モジュールの出荷量世界一を達成したジンコソーラー。2017において日本市場での成長率100%を目指すという同社の戦略に迫る。

太陽光モジュール出荷量で世界一を誇るジンコソーラーは、2017年の日本市場での成長率を100%、つまり2倍にするという驚異の目標を掲げている。そのうち60%が産業用、40%が住宅用だ。

競争の激しい日本市場で、どのように目標を達成していくのか。副総裁の苗根氏は「IPPによる大型案件は減っていくと思います。そこで、当社は住宅用にシフトしていきたいと考えています」と方向性を示す。

もともと大手代理店による拡販を実施していたが、加えて大手家電量販店のヤマダ電機と提携することで、住宅用における存在感を増している。

「ヤマダ電機さんは広い販売網を持っています。当社は地方の倉庫や工場で全国対応できますし、高品質の製品を提供していくだけです」(苗氏)。

同社は新製品を開発する際、3つのコンセプトを定めている。1つ目は高出力、2つ目が低コスト、そして3つ目が高い信頼性だ。今回展示している「Eagle PERC」や「Eagle Dual」など高効率モジュールも、そんなコンセプトから生まれたものだ。

Eagle PERC60セル単結晶モジュールは、最高レベルの高出力モジュール。PERC技術を採用し、出力は310W、変換効率は18.63%に達する。さらに、Eagle Dual両面ガラスモジュールもあり、こちらも60セルが280W、70セルが330Wと変換効率は16.9%。他の同型モジュールの追随を許さない。

日本市場に合わせた新製品の開発にも余念がない。水上発電用の両面ガラス、屋上用のブラックシリーズなどがある。

「高い品質、サービス、技術力、ブランド力が、当社が世界1位でいられる理由です。日本には東京と大阪にオフィスがあり、40名体制で日本市場で実績を伸ばします」と苗氏は胸を張る。


取材・文/大根田康介

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 12/19(木)開催PVビジネスセミナー「成功する産業用自家消費ビジネス」
  3. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  6. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  7. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  8. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  9. JCLPがエネ庁へ意見書を提出! 「発電側基本料金」による再エネ負担増を懸念
  10. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.31 / ¥0
2019年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース