太陽光発電

トランサンソーラーが自社ブランドパネルを供給開始!

長らくパネルメーカーのOEM供給を手がけてきたトランサンソーラーが、自社ブランド打ち出してパネル供給を開始。同社代表取締役の小穴氏に話を聞いた。

太陽電池製品メーカーおよびクリーンエネルギーサービスのプロバイダーであるBeyondsunグループ。2016年度の年間出荷容量は550MWを超えた。同グループは太陽光事業のほか、創業30年以上の繊維事業(カシミヤ)と不動産事業を手がけている。とくにカシミヤの生産については中国国内2位のブランドで年商は約700億円、600店舗以上、販売員3000名以上を抱えている。

そうした強固な財務基盤を背景に、2008年にトランサンソーラーは誕生した。もともと名だたるパネルメーカーのOEM供給を手がけるなど黒子に徹していた同社だが、今年3月のPV EXPOで、初めて自社の名を冠したパネルを打ち出した。

同社代表取締役の小穴泰平氏は、「おそらく当社の社名を知っている人はほとんどいないでしょう。2016年7月に日本法人ができ、11月に日本で事業を始めたばかりですから。OEM供給からモジュールメーカーを始めたきっかけは、高いクオリティの製造工場、品質、納期の実績がついてきたからです。自信をもって当社のパネルを提供いたします」と語る。

代理店戦略を進め、この度、大手商社の丸紅と提携した。業界としては初めて販売価格を明示し、また丸紅の国内倉庫に在庫を持ち最短5営業日でのスピーディーな納品を目指す。製品の品質保証も15年ついている。

日本法人には5人のスタッフがおり、うち4人が太陽光発電業界で実績を積んだ人間だ。小穴社長ももともと大手パネルメーカーで経験があり、「スタートの時点から顧客はキャッチアップできています」と胸を張る。

多結晶モジュールは最大325W、変換効率16.77%、単結晶モジュールは最大330W、変換効率17.02%で、25年で80%の出力保証をしている。2017年は世界で600MWの出荷を予定しており、日本法人だけで1割の60MWを目標としている。


トランサンソーラー株式会社の代表取締役である小穴泰平氏。


取材・文/大根田康介

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 12/19(木)開催PVビジネスセミナー「成功する産業用自家消費ビジネス」
  3. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  8. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  9. JCLPがエネ庁へ意見書を提出! 「発電側基本料金」による再エネ負担増を懸念
  10. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.31 / ¥0
2019年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース