太陽光発電

発電効率60%以上アップ! 独自の工夫が活きる追尾式架台とは?

独自設計したユニークな追尾式架台を特徴とする、トッパーサン・ジャパン。あらゆる工夫を凝らした架台で、60%以上も発電効率がアップしたデータもある。CEOの陳氏が語る、同社が目指す先とは。

広範囲の可動域で
高発電効率を実現

ITの買取価格は下がっていますが、当社の追尾式架台システムは今年、30%は売上を増やせるでしょう。日本では6年間で100件以上のプロジェクトを手掛けました。50kW以下の小さなものが多いですが、1MWの案件もありました。

当社の追尾システムはユニークで、独自に設計した多方位十字軸で可動域は40~90度、全方位360度に旋回可能です。常に正面から太陽光を捉えて集光率を高めます。さらに、架台の高さは3.6メートルあります。通常の追尾式架台は1.5メートルほどですので、それよりは少なくとも20%は発電効率が高い。また地面を有効活用するために、白色のプラスチックシートや砂を敷いたり、特別なコンクリートを使ったりすれば、全体で50%は発電効率が上がります。

つい先日、群馬県の赤城山でのプロジェクトが完成しました。ここは降雪量が多い地域ですが、5分ごとに自動で角度が40度に傾いて積雪を下に落とします。そのため、データを見ると、他の追尾式より60%以上も発電効率がアップしていました。今年は、長い付き合いのあるモジュールメーカーのロンジソーラーと組んで、9月にはアメリカでプロジェクトを進めるなど世界中で動いていきます。


株式会社トッパーサン・ジャパン
CEO

陳進輝氏


取材・文/廣町公則、大根田康介

SOLAR JOURNAL vol.25(2018年春号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に
  2. 大手企業が続々と電力シフト、いよいよ再エネが巨大マーケットに?
  3. 丸紅が石炭火力の権益を「2030年までに半減」と公表、その理由は?
  4. 台風20号で淡路島の風車が倒壊、日本の風車は果たして”危険”か?
  5. 放っておくと“発電停止”に!? 低圧ソーラー20年運用O&Mが必須な理由
  6. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  7. 九州電力が国内初の出力制御を実施! 「再エネの主力電源化」へ課題
  8. 「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想
  9. 住宅用太陽光「パネル貼り替えて再FIT契約」は認められず!
  10. ZEH時代を生き残るための蓄電池戦略「まっち」

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース