太陽光発電

まるで異世界空間! フィリピンの美しい海に浮かぶ”エコリゾート”

地球上でもっとも海洋生物の多様性が高いと言われるコーラルトライアングル。その北側に位置するフィリピン・パラワン島で、排出・廃棄・貧困、これら3つの「ゼロ」を実現し、環境保護とサスティナビリティを備えるエコリゾートの建設が計画中だ。

アイキャッチ:©VINCENT CALLEBAUT ARCHITECTURES, PARIS

世界で一番美しい島で
人間と自然の”共存”を目指す

フィリピンは美しい海洋資源を持つ一方で、過剰な漁獲、観光の負荷、プラスチック廃棄物および有毒製品による汚染で、サンゴ礁の破壊が続いている。ノーチラス・エコリゾートでは、人間の営みと自然の共存を目的に、バイオフィリックデザインとアップサイクルに焦点を当てている。

例えば植物と太陽電池を組み合わせたファサードと屋根。断熱性と発電機能を併せ持ち、消費を上回るエネルギーを作り出していくことでエネルギーバランスをポジティブにする。

2万7000㎡の敷地には科学調査学術センター、小学校、航海基地、スポーツホール、居住棟、ホテルを配置。ラテン語で「オウムガイ」を意味する「ノーチラス」という名前の通り、建物が海上に渦巻き状に置かれる。

ノーチラス・エコリゾートは、エコツーリズムをテーマとして、デザインと機能の両面で次世代の社会システムを牽引する存在を目指しているのだ。


文/Yukinobu Kato

SOLAR JOURNAL vol.26(2018年夏号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 発電量を最大化するモニタリングシステムとは? 導入企業も多数!
  2. O&M協議会、初の技術セミナー「驚きのトラブルと解決法」が多数!
  3. 大手電力会社の「卒FIT」対応は? 転機の2019年を前に第一報が続々!
  4. ソーラーシェアリング特集号第2弾! アースジャーナルvol.06発売
  5. 太陽電池モジュールを巡る、米国における”貿易摩擦”と”輸入制限”
  6. 東北電力「出力制御の準備」訴え、来春には再エネ電力が需要の65%に
  7. 頻繁に変更される未稼働案件ルール、今度は「変更整理表」更新
  8. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  9. エネ庁が未稼働案件への対応決定、「価格切り下げ」の原則は変わらず
  10. 出力制御は珍しいことではない? 再エネ先進国では”ごく日常的”

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース