太陽光発電

災害・停電時に知っておくべき「太陽光発電の自立運転機能」

災害時や停電時でも、電気が使える。住宅用太陽光発電を設置している家庭なら「自立運転機能」を使うことで、専用の自立運転コンセントから電力を供給できるようになる。その方法を、あらためて知っておこう。

停電時でも電気が使える
太陽光発電の自立運転

「平成30年北海道胆振(いぶり)東部地震」と名付けられた、9月6日に発生した北海道での大地震。被害は甚大で、北海道全域約295万戸が停電した。地震から5日が経過した9月11日になっても、まだ完全な復旧には至っていない。北海道電力は、引き続き、節電を呼び掛けている。

停電時に知っておきたい知識の1つとして、「太陽光発電の自立運転機能」がある。住宅用太陽光発電を設置している家庭であれば、停電時にも電気を使うことができる機能だ。

資源エネルギー庁は、地震の起きた9月6日当日から、自立運転機能の使用方法をアナウンスしている。その方法は、以下の通りだ。

自立運転機能の使用方法

①自立運転用コンセントの位置を確認する。
②取扱説明書で「自立運転モード」への切替方法を確かめる。
③主電源ブレーカーをオフにする。
④太陽光発電ブレーカーをオフにする。
⑤「自立運転モード」に切り替える。
⑥自立運転用コンセントに必要な機器を接続して使用する。
⑦停電が復旧した際は、必ず元に戻す(復帰時は、自立運転モード解除 → 太陽光発電用ブレーカーをオン → 主電源ブレーカーをオン、の順番で操作を行う)


ただし、メーカーや機種によって操作方法が異なる場合もある。自宅に設置している太陽光発電の取扱説明書を、必ず確認しておこう。

災害や停電は、いつなんどきどのようにして起こるか、まったく予想がつかない。いざという時のために、あらためて自立運転機能の運用方法をチェックしておきたい。

DATA

経済産業省 資源エネルギー庁

関連記事

アクセスランキング

  1. 太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に
  2. 大手企業が続々と電力シフト、いよいよ再エネが巨大マーケットに?
  3. 丸紅が石炭火力の権益を「2030年までに半減」と公表、その理由は?
  4. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  5. 台風20号で淡路島の風車が倒壊、日本の風車は果たして”危険”か?
  6. 放っておくと“発電停止”に!? 低圧ソーラー20年運用O&Mが必須な理由
  7. 「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想
  8. 九州電力が国内初の出力制御を実施! 「再エネの主力電源化」へ課題
  9. 住宅用太陽光「パネル貼り替えて再FIT契約」は認められず!
  10. ZEH時代を生き残るための蓄電池戦略「まっち」

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース