太陽光発電

ドイツ蓄電池メーカーが日本進出? 車載用電池で養ったノウハウ活かす

ドイツのバッテリーメーカーが日本進出の兆しを見せている。既に欧州を中心に多くの国で事業を展開しているが、日本の蓄電システム市場にはどのようなポテンシャルを見出しているのだろう。

車載用電池で培ったノウハウで
高性能な蓄電システムを提供

ソーラーワットは、ドイツ・ドレスデンに本社を構え、今年で設立25周年を数えます。ソーラーパネルやエネルギー管理システム、さらには蓄電システムなどをトータルパッケージで取り扱っています。ドイツ国内で開発から製造までトータルで行っているというのが、当社の強みですね。

バッテリーに関しては、業界そのものの歴史がまだ浅いこともあり、世界で現在10〜15社ほどで、その中でも当社は技術・質・安全面においてトップクラスだと自負しています。実は当社の蓄電システムの開発エンジニアは、以前F1レースの車載用電池を開発していました。電池の重要なスペックのひとつに、スピードがあります。例えば、家庭のヘアドライヤーや洗濯機へとスムーズに電気を供給するために、電池はどういう働きをすべきか。こうした部分において、車載用電池で培ったノウハウを生かしています。

日本市場に関しては、規制などについて調査中で、現在はまだ初期段階。ただし当社は、ヨーロッパを中心に多くの国へ子会社や支店を設立し、ビジネスを拡大してきました。日本の蓄電システム市場は、既に4万台のニーズがあり、この先もさらに伸びると見込んでいます。当社には、そうした日本市場の需要に応えるだけのノウハウと自信があります。

プロフィール

ソーラーワット Vice President Sales

カルステン・パットベルグ氏


SOLAR JOURNAL vol.26(2018年夏号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 12/19(木)開催PVビジネスセミナー「成功する産業用自家消費ビジネス」
  3. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  8. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  9. JCLPがエネ庁へ意見書を提出! 「発電側基本料金」による再エネ負担増を懸念
  10. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.31 / ¥0
2019年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース