太陽光発電

水上ソーラーに注目! 全国21万ヶ所・フラットで造成不要

太陽光発電の適地が減少する中、大きなポテンシャルを秘める水上ソーラーが注目を浴びている。環境コンサルタントの村沢義久氏が、その可能性を探った。

太陽光発電に適した用地の確保が次第に難しくなってきている。筆者は、適地を探して、南は九州の福岡・大分から、北は福島・仙台まで駆け回っている。結論は、使えるスペースは全て使え、というもの。最初に目を付けたのは農地および耕作放棄地で、筆者自身ソーラーシェアリングを実施している。しかし、太陽光発電に使える“スペース”は土地に限らない。今注目されているのが「水面」だ。



徳島に出現した
「ため池メガソーラー」

ため池メガソーラー(徳島県阿波市、出力1568kW)。出所:筆者撮影

昨年末、帰省中の故郷徳島県で新規案件向けの土地探しを行った。地元の仲間からいくつか紹介されたのだが、土地代が高すぎる。モジュールとパワコンは買取価格低下以上のペースで下がっているのだが、地上設置が可能な適地は減少し続け、土地の購入価格や賃料はむしろ上昇中。

ブームの終わらない太陽光発電に対し残り少ない適地。地主さんたちも強気になっているようだ。買取価格が40~36円の時代より高い価格を提示してくるから、18~14円でやっていくには、十分な利益の確保が難しい。日本はヨーロッパなどに比べて日照条件などははるかに良いのだが、狭い国土の悲しさ。

年が明けて1月3日、地元の新聞に県内のため池ソーラーの話が載っていた。紹介されたのは「行峯上池(ゆきみねかみいけ)太陽光発電所」で、吉野川中流の阿波市にある。2017年7月運転開始。池面積の約60%に5,808枚のパネルを敷き詰め、発電能力は1,568kW。

所有者はフランスの太陽光発電企業シエル・テールで、すでに日本国内27ヶ所に水上ソーラーを設置した実績がある。そのうち、10件が自社所有(2018年11月現在)。

一方、ため池の所有者は、阿波東部土地改良区の組合。近年組合員の高齢化による減少や、機械の老朽化などで財政が苦しくなっている折り、太陽光発電からの賃料(水面使用料)が大きな助けになっている。

この池の所在地は私の実家から西に30㎞ほど、約1時間の距離なので、さっそく視察に行ってみた。いつものことながら、水上ソーラーは美しい。一番の特長はパネルの並びが完全にフラットなこと。しかも、海と違って波がない。水面を蓮の葉のようにきれいに覆っている。

シエル・テールは、阿波市内であと3ヶ所の水上ソーラーを建設している。県内でも阿波市は農業用ため池が多い町だ。

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  2. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  3. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  6. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  7. 住宅用太陽光に新機軸、パネル1枚からでも設置可能に!
  8. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  9. 2030年度には電力小売事業の「PPA」が市場規模400倍に
  10. FIT買い取り期間終了後はどうなる? 再エネ自立化へ向け自家消費が牽引
  アンプトジャパン ソーラーエッジ タイゴエナジー ジンコソーラー ライセンエネルギー  

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース