太陽光発電

大阪初、水上メガソーラーが完成! ジンコが発表

ジンコソーラーは9月18日、同社製モジュールが採用された大阪初の水上メガソーラー(1MW)が完成したことを発表した。

大阪府岸和田市にある溜池に建設されたこの発電所では260Wの出力を誇る「イーグルシリーズ」の太陽光発電モジュールを採用しており、設計・施工は大和ハウスの子会社である大和リースが担当した。年間発電量は約118万kWhで、一般家庭の約300世帯が年間に消費する電力量に相当する。発電した電力は8月10日から関西電力に全量売電しており、売電収入の一部は、大阪府と岸和田市に寄付する予定だという。
float_02太陽光発電モジュールをフロートタイプの架台に取り付けて、池などの水面に浮かべる水上ソーラーは、土地資源を占有しないうえ、水分蒸発量を軽減して藻の繁殖も抑制できる。 また、パネルには冷却効果もあり、表面温度の上昇を抑えてより高い発電効率を実現できる。
このような設置方法ではモジュールの気密性や耐湿性が求められるため、PIDフリー「電圧誘起出力低下現象発生ゼロ」というイーグルシリーズの性能が活かされたといえるだろう。


ジンコソーラージャパン株式会社
TEL:03-6661-0899
www.jinkosolar.com/?lan=jp

関連記事

2015/10/07 | 編集部からのお知らせ, | 太陽光発電

最先端の薄膜太陽電池 日本企業の参加を要望中!

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 12/19(木)開催PVビジネスセミナー「成功する産業用自家消費ビジネス」
  3. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  8. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  9. 『Amazonプライム』の年会費4,900円がゼロに⁉ 大阪ガスが今までにない電力サービスを開始
  10. JCLPがエネ庁へ意見書を提出! 「発電側基本料金」による再エネ負担増を懸念

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.31 / ¥0
2019年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース