風力

2020年小型風力の価格が大幅下落! 55円から20円へ

2018年度のFIT(再生可能エネルギーの固定価格買取制度)により、買取価格は低下傾向にあり、ますますコスト低減を促すものとなっている。太陽光にとどまらず、他電源にまで拡がる影響を、今回は風力に注目して紹介する。

陸上風力は毎年1円ずつ下落
洋上風力は「入札制度」に移行

風力発電については、2020年度の買取価格まで定められた(着床式洋上風力は2019年度分まで)。陸上風力は毎年1円ずつの下落、昨年度から設けられたリプレース(設備更新案件)も来年度までは1円ずつ下落する。

洋上風力に関しては、近い将来、「入札制度」に移行することが決定した。ただし正式な導入時期は未定であり、少なくとも2018年度は、着床式・浮体式ともに36円のままだ。

なお、20kW未満の小型陸上風力発電は、2018年度よりカテゴリーが撤廃され、20kW以上の陸上風力と区別なく扱われることになった。小型風力事業者にとっては、55円から20円への急激な下落となる。

 

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 欧州一の売上を誇るSonnen社の蓄電池システムとは?
  4. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  7. 再エネ先進国は、蓄電池導入コストが電力料金を下回る「蓄電池パリティ」へ
  8. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  9. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  10. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
産運用EXPO2020

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.31 / ¥0
2019年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース