風力

一般海域占有期間が最長30年に! 洋上風力発電の新法案とメリットとは

陸上よりも安定した強い風が吹くため、有利とされている洋上風力発電。欧州に比べて日本の基数が少ないのはなぜか。また、今年3月に閣議決定され国会での成立を待っている「洋上風力促進法」の内容とは?

欧州3500基vs日本6基
求められる海域利用ルール

洋上風力をはじめとした海洋再生可能エネルギーの利用促進は、日本が有する広大な海域の開発・利用を有効に進める観点から、海洋政策上の重要課題として『海洋基本計画』(2013年4月閣議決定)に位置付けられている。

洋上は一般的に、陸上よりも安定した強い風が吹くので、そもそも風力発電に向いている。さらに、洋上であれば風車の大型化もしやすい。洋上風力発電は、大規模な開発により経済性の確保が可能であり、関連産業への波及効果とともに、発電設備の設置・維持管理での港湾の活用による地元産業への好影響も期待できる。

●洋上風力発電のメリット
(陸上風力発電との比較)


※風況と設備の規模により決まってくるもの。出典:経済産業省

しかし実際には、国が主導する実証試験(6基)を除いて、ほとんど利用が進んでおらず、発電コストも高止まりしたままだ(FIT価格36円/kWh)。

一方、ヨーロッパでは既に実証段階を終え、3500基を超える洋上風力発電設備が稼働しており(2016年末現在)、発電コストは6〜12円/kWh程度にまで下がっている。

●欧州と日本の洋上風力発電の現状

出典:経済産業省

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に
  2. 大手企業が続々と電力シフト、いよいよ再エネが巨大マーケットに?
  3. 丸紅が石炭火力の権益を「2030年までに半減」と公表、その理由は?
  4. 台風20号で淡路島の風車が倒壊、日本の風車は果たして”危険”か?
  5. 放っておくと“発電停止”に!? 低圧ソーラー20年運用O&Mが必須な理由
  6. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  7. 九州電力が国内初の出力制御を実施! 「再エネの主力電源化」へ課題
  8. 「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想
  9. 住宅用太陽光「パネル貼り替えて再FIT契約」は認められず!
  10. 卒FITに関する意識調査、期間満了後どうなるのか理解しているのは4割

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース