地熱・水力 etc

黒潮がエネルギー?世界初の海流発電の実証試験完了

海流発電とは、海水の流れで羽や水車を回転させ、そのエネルギーを電気エネルギーに変換する発電方法である。現在はまだ馴染みのない発電方法だが、世界で初めて実用に向けた実証試験が日本で行われた。

新たなエネルギー源として
海流発電システムが実用化へ

2017年8月25日、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術開発機構(NEDO)と株式会社IHIが完成させた「水中浮遊式海流発電」の実証試験が完了した。実際に海流を利用した100kW規模の海流発電においては世界初となるこの実証試験は、海流発電の実用化に向けた大きな一歩となった。

実証化へ確かな手ごたえ

実証試験は7月25日からの1週間で、野間岬(鹿児島県南さつま市)沖の甑(こしき)海峡において、船舶で「かいりゅう」を曳航することで黒潮に模した水流を発生させて海中での挙動の確認を行う曳航試験が行われた。この試験では、定格流速1.5m/秒で100kWの発電出力を確認した。

 


提供:株式会社IHI

さらに、8月12日からは鹿児島県十島村口之島沖の黒潮海域での実証試験を実施。水深約100mの黒潮海域で「かいりゅう」の設置・撤去工事の施工・検証を行った。発電においては実際の黒潮の流れの中で実証試験がされており、水深約30~50mに浮遊させた「かいりゅう」を自律制御システムによって姿勢や深度を制御しながら、最大30kWの発電出力を確認。発電性能や浮体の安定性の検証等の試験を完了した。

IHIは今回の実証試験で「かいりゅう」が想定通りの性能を発揮することが確認でき、海流特性や設置工事などの精査を含めたデータを、今後の実用化に向けて取得したと発表した。

123

関連記事

アクセスランキング

  1. 10/22開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  2. 九州電力が国内初の出力制御を実施! 「再エネの主力電源化」へ課題
  3. O&Mは「資産価値向上」がポイント! セカンダリー市場で求められること
  4. 注目の「太陽光発電+蓄電池」イベントが、10月29日から大阪で開催!
  5. ISEP飯田氏が紐解く「再エネのパラダイムシフト」新たな対立とは
  6. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  7. 水上太陽光発電市場、ポテンシャルは「無限大」!?
  8. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
  9. 太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に
  10. 【講演ダイジェスト】FIT10円台・送電線空き容量問題 再エネビジネスの明日
アクシア SMA Jinko Solar LONGi SOLAR

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.26 / ¥0
2018年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース