政策・マーケット

太陽光発電を始めとする再エネの「主力電源化」へ向け、JPEAが新たに「太陽光発電事業の評価ガイド」を策定した。本ガイドにより発電所の運用状態が明らかになるというが、その狙いとは?

JPEA、太陽光発電のセカンダリー取引を想定した「評価ガイド」を策定

経済産業省は、2018年7月3日、第5次となる新しいエネルギー基本計画を閣議決定。そこで示された、再生可能エネルギーと原発の立ち位置とは、どのようなものか。

「新エネルギー基本計画」原発は22~20%で維持へ

経産省が2018年夏にまとめる、第5次エネルギー基本計画。政府が再エネを「主力電源」と示すことで、未来はどう変わっていくのか。エネルギージャーナリスト・北村和也氏に聞いた。

再エネの「主力電源化」は、エネルギービジネスに柔軟性をもたらすか?

公益財団法人自然エネルギー財団は、2018年7月4日、報告書「自然エネルギー最前線 in U.S. -米国の電力市場に革新的な変化-」を公表。米国はこの7年間で、CO2排出量を20%以上削減したという。日本がおおいに見習うべき、その具体的な内容とは。

日本が見習うべき米国電力市場の革新的な変化とは?

新「エネルギー基本計画」で謳われた、再生可能エネルギーの"主力電源化"。実現へ向けて、どのような課題をクリアする必要があるのだろうか。経済産業省が掲げる、再エネ政策の方向性とは?

再エネが主力電源に? カギは基盤構築とコスト削減

経済産業省がパブリックコメント(意見募集)をかけていた、「第5次エネルギー基本計画(案)」。これに対し、自然エネルギー財団がコメントを提出した。書面には、どういった内容が記載されていたのだろうか。

自然エネルギー財団、経産省へのコメントを提出

エネルギーの自給ができる市町村、いわゆる「永続地帯」の最新調査結果が発表された。日本における再エネの普及が、永続地帯の増加に影響を及ぼしているようだ。

エネルギーを自給できる「永続地帯」が11地域増加!

日本のエネルギー政策の基本方針を定める「エネルギー基本計画」が、この夏、新しく生まれ変わる。そこでは再生可能エネルギーが"主力電源"と謳われ、エネルギー転換への道筋が示されることになるという。再エネ電源ごとの課題をみてみよう。

新「エネルギー基本計画」へ。再エネ電源ごとの課題まとめ

5大陸にまたがりオフィスを常設し、世界で2.5GW以上の施工実績を誇るNCLAVE社は現在特に日本市場に注力しているという。今回は今後の展望について日本支社のカントリーマネージャーを務めるアルバロ・エステージェス氏にお話を伺った。

日本人チームとの連携で顧客のケアと見通しに力を!

経済産業省は、昨年より有識者会議を設けて、「エネルギー基本計画」見直しに関する議論を重ねてきた。その内容を取りまとめ、現在、新しい計画策定に向けた調整を進めている。この先、再生可能エネルギーは、どんな役割を担っていくことになるのか? 見えてきたポイントを探っていく。

今夏、新「エネルギー基本計画」閣議決定。ポイントは?

1 2 3 14

アクセスランキング

  1. 大容量&低価格、テスラの新・家庭用蓄電池!
  2. 満充電まで3分ってホント!? 日本で電気自動車は普及するのか?
  3. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  4. 「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想
  5. 【最新】2018年度、新FIT買取価格が決定! 割賦金単価も
  6. 【速報】太陽光発電の「入札」結果が明らかに!
  7. 7/26開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  8. あなたは知ってる? 小型風力発電の3つの注意点
  9. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  10. エアコンいらず!太陽光パネル付ブラインドが誕生
Jinko Solar 航天機電 ライセンエネルギー株式会社 LONGi SOLAR

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.25 / ¥0
2018年4月30日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース