政策・マーケット

「今後、再生可能エネルギー導入量はどうなるのか。そうしたシナリオやビジョンを提示する時代はすでに終わりました。各国でも特に太陽光と風力の急速な普及を見誤り大外れしています。」破局的変化に直面している日本の電力について、飯田哲也さんに伺った。

今が革命前夜? 産業の「破局的変化」に遅れるな!

アーノルド・シュワルツェネッガー元カリフォルニア州知事は、トランプ大統領と同じ共和党に属していながら、環境問題への取り組みに関しては、大統領の「地球温暖化はデタラメ」という考え方を批判する。彼の求めるクリーンな未来とは?

シュワちゃん、トランプ「地球温暖化デタラメ」否定

大好評のSOLAR JOURNAL主催「PVビジネスセミナー」を大阪で2017年9月20日(水)に開催決定! 参加申し込み受付中!

「PVビジネスセミナー」大阪にて9/20(水)開催!

経済産業省は7月、「再生可能エネルギーの大量導入時代における政策課題」を公表した。コスト競争力、系統への受入れなど、3つの論点を整理する。再エネが、FIT頼みではない自立した電源として大量導入される時代が、まもなくやってくる。

経産省発表。再エネ大量導入に欠かせない3つの課題

REN21が公表した再生可能エネルギーに関する年次報告書によると、2016年の再エネ発電設備の導入量は史上最大となった。

世界の再エネ設備容量は累計2,000GW超え!

SOLAR JOURNAL主催 第6回PVビジネスセミナー、2017年10月16日(月)開催決定! 参加申し込み受付中!

太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」10/16開催

改正FIT法施行から3ヶ月以上が過ぎ、太陽光発電業界にはどんな変化が生じているのか? 新FIT時代に期待される新たな太陽光トレンドとは? ソーラージャーナルでは8月3日(木)、『改正FITから3ヶ月でみえた! 次の「太陽光トレンド」』と題し、第5回となるPVビジネスセミナーを開催した。

次の太陽光ビジネストレンドが見えてきた!

アメリカ在住のアナリストが読み解く!「USAソーラー事情」。全ての事業運営を100%再生可能エネルギーで賄う「RE100」。参加する米国企業は31社。増加の理由はサステナビリティ戦略だけではなく、経費削減につながるという点も大きいようだ。

米国で増えるRE100企業 再エネ導入で経費削減効果

太陽光発電関連業者の倒産が過去最多と言われている。バブルがはじけて淘汰の時代に突入したと言われるこの業界で、今後考えられる新たなビジネスとは!? 考えうる勝機のある新事業を改めて整理してみた。

次にくる太陽光ビジネス7つの事例

地球温暖化などの影響で海面が上昇し、太平洋の国々は危機に瀕している。そんな中で、人口の浮島を作ることで海面上昇に立ち向かおうとしているプロジェクト、「プロジェ・ディル・フロッタント(フローティング・アイランド・プロジェクト)」が仏領ポリネシアで始まった。

人工的に創られた浮島、ポリネシアの地球温暖化対策

1 2 3 7

アクセスランキング

  1. 「PVビジネスセミナー」大阪にて9/20(水)開催!
  2. 2017年度、これが新FIT買取価格だ!
  3. ZEH時代到来! 太陽光発電は自家消費が基本!
  4. 大容量&低価格、テスラの新・家庭用蓄電池!
  5. あなたは知ってる? 小形風力発電の3つの注意点
  6. トップ企業に聞く!太陽光発電を持続させる秘策
  7. 次の太陽光ビジネストレンドが見えてきた!
  8. 知らないと損する改正FIT基礎知識
  9. 小形風力発電で気をつけたい“720時間抑制ルール”とは?
  10. 今が革命前夜? 産業の「破局的変化」に遅れるな!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.22 / ¥0
2017年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース