政策・マーケット

【速報】2017年度の太陽電池出荷量、前年比74%に減少

太陽光発電協会(JPEA)が、2017年度第4四半期および、2017年度の太陽電池出荷統計を公表した。前年度やそれ以前と比較して、市場はどのように変化しているのか? 最新の結果をいち早くお届け!

2018年1~3月期の出荷量
国内外ともに低調!?

一般社団法人太陽光発電協会(JPEA)は2018年5月22日、日本における太陽電池出荷量の最新版として、2017年度第4四半期および、2017年度の統計を公表した。

今回の調査対象期間は、2018年1月から3月まで。太陽電池モジュールの総出荷量は1,450MWと第3四半期並みだったが、前年同期比では74%と大幅に下回った。

セルの総出荷量は513MWで、モジュールの国内出荷量は1,376MWと、いずれも前年同期比74%で下回っている。海外への出荷も75MW(前年同期比83%)と低調だった。

国内外企業の生産対比と
用途別出荷量は?

モジュール総出荷量のうち、日本企業は859MW(前年同期比73%)、外国企業は591MW(前年同期比76%)で、双方ともに前年同期を下回った。

また、国内外企業の生産対比について「日本企業:外国企業」の比は「60:40」、「国内生産:海外生産」の比は「34:66」で、第2四半期及び前年同期並みという結果に。

JPEA調べ

また、用途別で見ると住宅用途は274MW(前年同期比82%)で、非住宅が1,102MW(前年同期比72%)と前年同期を大幅に下回った。非住宅用途の内訳は一般事業用途413MW(前年同期比87%)、発電事業用途689MW(同65%)という結果になった。

JPEA調べ

2017年度の動向を振り返ると、日本における太陽電池モジュールの国内外への総出荷量は5,670MWで、国内総出荷量は5,246MW。どちらも前年対比は83%となった。下の「Fig.1」を見ると、総出荷量・国内出荷量ともに2014年度がピークで、その後は減少に転じていることがわかる。


また、「Fig.2」で示されているように、四半期毎の総出荷量・国内出荷量も、各年度においてQ4に向かって出荷量が増加するが、翌年のQ1には大幅に減少する傾向にあるようだ。

昨今、市場に著しい変化が生じている太陽光発電業界。今後の動向に注意したい。

問い合わせ

一般社団法人太陽光発電協会 統計委員会

〒105-0004 東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル8階
TEL:03-6268-8544

関連記事

アクセスランキング

  1. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 出展社募集中! 業界初の太陽光発電の「オンライン展示会」開催が決定!...
  4. コロナ禍で広がる経済への影響。世界と再エネの展望は「安全、安心」が開く...
  5. まるでスクーター! オランダ発、屋根上パネル搭載の小型EVが登場!
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  8. “コロナ後”の日本を変えるのは「地域の具体策」である
  9. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.33 / ¥0
2020年4月30日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース