政策・マーケット

水上太陽光発電市場、ポテンシャルは「無限大」!?

水上太陽光発電のフロートシステム「Hydrelio(ハイドレリオ)システム」を展開するシエル・テール・ジャパン。同社の森一社長は、日本の水上太陽光市場に「無限大」の可能性を見る。

2013年に日本へ進出
技術的な提案力が強み

シエル・テール・ジャパンは2013年4月、フランスのシエル・テールの日本法人として設立された。日本への進出は、2011年3月の東日本大震災後、フランス本社内で「日本で再生可能エネルギーを根付かせることが、復興支援につながる」との想いが生まれたのが、1つのきっかけとなった。日本で、2012年7月に再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)が導入され、ビジネス面で好条件が整ったことも後押しした。

水上太陽光発電システムは、池や湖などの水面上にフロート(浮体)を使って太陽光発電パネルを浮かべて発電する。水上にあるため、太陽光パネルやケーブルの温度上昇が抑えられて高い発電効率の発揮が期待できるほか、日光を遮るためアオコなどの発生を抑制する効果もあるという。

同社が提供するハイドレリオでは、2種類の高密度ポリエチレン(HDPE)製フロートを使う。

1つは、60セル、72セルの太陽光パネルを装着する「メインフロート」、もう1つはフロート同士を接続し、メンテナンス時の足場にもなる「第二フロート」。メインフロートと第二フロートは安定した浮力を発揮するほか、特別な工具なしで組み立て可能など、施工の簡易さも追求している。

「部材をただ提供するだけでなく、プロジェクトの初期から関わって、技術的な提案を行えるのも当社の強み」と森社長。

たとえば、水上太陽光発電システムを固定するためのアンカーの設置では、これまで培ってきた技術力や知見を生かして、池や湖の状況に応じた最適な方法を提案するという。「アンカーは、安定したシステム運用を維持する上で大きなカギを握っているが、当社は、どのような池や湖でも設置方法を提案できる」

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に
  2. 大手企業が続々と電力シフト、いよいよ再エネが巨大マーケットに?
  3. 丸紅が石炭火力の権益を「2030年までに半減」と公表、その理由は?
  4. 台風20号で淡路島の風車が倒壊、日本の風車は果たして”危険”か?
  5. 放っておくと“発電停止”に!? 低圧ソーラー20年運用O&Mが必須な理由
  6. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  7. 九州電力が国内初の出力制御を実施! 「再エネの主力電源化」へ課題
  8. 「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想
  9. 住宅用太陽光「パネル貼り替えて再FIT契約」は認められず!
  10. 卒FITに関する意識調査、期間満了後どうなるのか理解しているのは4割

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース