注目キーワード

スマート関連

再生可能エネルギー供給実験。パリのビジネス街でスタート!

最新のソーラー技術はすごい! パリのビジネス街では、再生可能エネルギーの供給の実験が始まっている。都会の未来の姿になるのだろうか。

from FRANCE
公共スペースでの再エネ地産地消

パリ近郊のビジネス街、ラ・デファンス地区地産地消の再生可能エネルギー供給の実験が始まっている。太陽光や風力をベースにした4種類の発電装置を公共スペースに設置。


葉の形状と向きは最適な発電効率になるよう設計。日中の電力を蓄えられるため昼夜を問わず充電できる。

上部に太陽光パネルが葉のように広がる木陰のような形の「ソレアー」など、スタートアップが開発した革新的な発電装置を、電動キックスケーターの充電用に充てている。9月中旬から6ヶ月間のテストで有用性が認められれば、規模を拡大して継続される予定だ。


道路設置型の太陽光パネル。繊細な光電池を多重構造の素材でカバーすることにより強度を持たせている。

©Yukinobu Kato


文/Yukinobu Kato

SOLAR JOURNAL vol.35(2020年秋号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  2. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  3. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  4. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  5. 2021年夏、予備率3%台が予想されるエリアも。冬季の需給見通しも厳しく
  6. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  7. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  8. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  9. 【続報】発電側基本料金、電力量にも課金へ。容量課金とは1対1の比率
  10. 未稼働案件のFIT認定失効制度、運転開始期限を見直し。太陽光以外にも適用...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.37 | ¥0
2021/4/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース