太陽光発電

ドイツをはじめ、世界でビジネスが展開されているバーチャルパワープラント(VPP)。ドイツの事情に詳しい日本再生可能エネルギー総合研究所所長の北村和也氏に、最先端のVPPビジネスについて話を聞いた。

VPP(仮想発電所) Cityだ…と…?欧州NO.1企業の戦略

太陽光発電を始めとする「再エネ」の普及が進む中、今後直面するであろう「3つの現実」について、NPO法人環境エネルギー政策研究所の飯田哲也氏に話を伺った。

進む再エネ化 いま直視すべき3つの現実とは?

経済産業省は11月21日、太陽光発電設備(2MW以上)の第1回入札結果を発表した。入札は、改正FIT法の施行に伴い本年度より導入された新制度。いったい何社が入札に参加し、いくらで落札されたのか? 発表内容を速報する。

【速報】太陽光発電の「入札」結果が明らかに!

パワーハウス・インベストメント株式会社(PHI)が、インターネット上ですべての手続きを行える、自然エネルギーインフラ投資ファンドの募集を開始した。

1口5万円から投資できる自然エネルギーファンド登場

太陽を追いかけて360度回転し、季節ごとの太陽の傾きにも対応する追尾式架台が世界中で注目されている。そんな追尾式架台の開発に5年も前から力を注いできたという台湾の架台メーカートッパーサン会長羅家慶氏から追尾式架台の魅力について詳しく話を伺った。

急成長する架台に注目! 追尾架台に新たな五大特性

12/13(水)~15(金)東京ビッグサイトで「第2回 住宅・都市イノベーション総合展」が開催される。建材、住宅設備、ビル、照明設備、都市開発と5分野の展示会に企業420社が出展(前回と比べ80社増)。「ZEH」「リフォーム」「住宅向けIoT」などが出展する第2回[高性能]住宅設備 EXPOは特に注目だ。

「ZEH」「住宅向けIoT」の最新製品が多数出展!

10月23日~25日に、中東最大規模の太陽光発電関連展示会がドバイで開催された。この展示会は、太陽光発電に関する最先端の技術を展示することで、政府や民間企業との良好な関係を築くための場として大いに賑わいを見せた。今回はいち早く到着した現地レポートを掲載!

中東最大の太陽光展示会開催!日本も最新技術を披露

再エネの導入が進む中、国民負担の増大に対して懸念の声があげられることも多い。導入を促進しつつ負担を抑制するために何が求められるのか。「再生可能エネルギー大量導入時代における政策課題に関する研究会」に委員として出席していた松本真由美氏に話を聞いた。

自家消費市場拡大。コスト低減に遅れを取れば命取り

水質汚濁が進む石炭の採掘跡地が自然エネルギーを生み出す場所へ。2017年5月に稼働を開始した、中国・安徽省の浮体式水上メガソーラー。世界最大規模のパネルの姿は見とれるほどだ。

世界最大! 浮体式水上メガソーラー現る

JPEA(太陽光発電協会)が新たにスタートさせる「PVマスター保守点検技術者」という資格制度。2018年2月より行われる試験の内容や対策について、事務局長の増川氏に伺った。

PVマスター保守点検技術者 新資格制度がスタート

1 2 3 15

アクセスランキング

  1. 【速報】太陽光発電の「入札」結果が明らかに!
  2. 自家消費市場拡大。コスト低減に遅れを取れば命取り
  3. 2017年度、これが新FIT買取価格だ!
  4. エネ庁 自家消費時代のコスト低減イメージを公表
  5. 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」12/13開催
  6. あなたは知ってる? 小形風力発電の3つの注意点
  7. 産業用太陽光のトレンドは単結晶シリコンへ!
  8. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  9. 大容量&低価格、テスラの新・家庭用蓄電池!
  10. 次の太陽光ビジネストレンドが見えてきた!
Jinko Solar LONGi SOLAR Japan Home & Building Show 2017 [高性能]住宅設備 EXPO Solar & Off-Grid Renewables Southeast Asia

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.23 / ¥0
2017年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース