太陽光発電

太陽光発電の日本市場が低迷気味と言われる中、利益を出し続けている企業がある。今回は、パワコンメーカーのファーウェイ有限公司、蓄電池メーカーのニチコン株式会社、システムメーカのリープトンエナジー株式会社のビジネス展開について、それぞれ伺った。

太陽光発電で生き抜く!トップ企業が成功してるワケ

深刻な問題となっている大気汚染問題に立ち向かうべく、ヨーロッパやアジア各国で導入が進められているエアーフィルター「CityTree」。苔の力で「275本分の木」に相当するCO2を削減するという。

苔×IoTの空気清浄ソーラーベンチが想像以上にすごい

太陽光発電協会(JPEA)が『JPEA PV OUTLOOK 2050』を発表した。日本を代表する太陽光発電事業者団体として、はじめて示した2050年への道標。それは、国内外の現状と国際情勢の変化を見据えた、実現可能な未来予想図だ。

「負担上回る便益あり」JPEA 2050年の太陽光を読む

2017年4月より改正FIT法が施行され、日本の太陽光発電業界は新たな段階へと突入した。そこで、業界のトップランナーである京セラ株式会社の池田氏と株式会社NTTスマイルエナジーの小鶴氏に、今後の太陽光発電事業について伺った。

トップ企業に聞く!太陽光発電を持続させる秘策

世界初!ソーラーパネル付きのスマートブラインドが誕生した。思わず「こんなブラインドが欲しかった!」と言ってしまうほど効率的だ。生活の中に溶け込んだ、太陽光発電がより身近になること間違いなしのブラインドとは?

世界初! 超効率的なパネル付きブラインドが誕生!?

新たに今年度から始まる太陽光発電の入札制度。入札の参加資格を得るための事業計画の提出締め切りが9月15日へと迫っている今、改めて入札の流れと募集スケジュールを確認しておこう。

事業計画の〆切迫る!太陽光発電の入札制度スタート

ドローンと人工衛星の利点を組み合わせた飛行体「Stratobus(ストラトバス)」が話題を呼んでいる。追跡、通信システム、地上撮影の未来が変わる!

高度2万メートル!? 未知の領域を飛行するドローン

7月3日、太陽光発電協会が2050年に向けて今後の太陽光発電の「JPEA PV OUTLOOK」を発表した。このビジョンで示された、「2050年までに累計200GW」という項目について、村澤氏は「もっと上を狙うべきだ」と語る。では、日本のPV業界が目指すべき、2050年の姿とは?

太陽光発電はこれからが本番 目指せ発電比率30 %!

屋内に差し込む光を遮るブラインド。これに太陽光パネルを付け、太陽の光を利用して発電が可能なスマートブラインドが誕生した。2017年秋にも量産が始まる予定。

エアコンいらず!太陽光パネル付ブラインドが誕生

2017年度から、2000kW(2MW)以上の非住宅用太陽光発電は入札制となった。この制度によって、落札した価格が買取価格となる。第一回入札実施は2017年10月頃に予定されているのだが、どんな影響があるのだろうか。入札制度を導入済みのドイツと比較しながら、入札制度の運用について村沢先生がよみとく!

「入札制度」日本には早い!? 大先輩ドイツに学べ!

1 2 3 12

アクセスランキング

  1. 「PVビジネスセミナー」大阪にて9/20(水)開催!
  2. 2017年度、これが新FIT買取価格だ!
  3. ZEH時代到来! 太陽光発電は自家消費が基本!
  4. 大容量&低価格、テスラの新・家庭用蓄電池!
  5. あなたは知ってる? 小形風力発電の3つの注意点
  6. トップ企業に聞く!太陽光発電を持続させる秘策
  7. 次の太陽光ビジネストレンドが見えてきた!
  8. 知らないと損する改正FIT基礎知識
  9. 小形風力発電で気をつけたい“720時間抑制ルール”とは?
  10. 今が革命前夜? 産業の「破局的変化」に遅れるな!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.22 / ¥0
2017年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース