太陽光発電

改正FIT法施行後の太陽光発電所に求められることとは? 発電事業者必聴の実践的なO&M講座を開催します。

太陽光発電事業者のための「O&M講座」6/16開催!

2018年、人類がついに太陽光の力で宇宙へ飛び出す! 太陽光のみを動力として空を飛ぶ、ソーラー・ストラトスが2018年の試験飛行に向けて準備を進めている。世界が注目するこの実験が成功すれば、太陽光の可能性が更に広がるだろう。

ソーラー・ストラトスが成層圏へ向け準備開始!

2015年に太陽光発電用パワコンの出荷量で世界ナンバーワンを達成したサングロウ。同社は日本向けの新型パワコンを開発中だという。同社日本法人代表取締役の趙天工氏に話を聞いた。

過積載率を高める日本向け新型パワコン開発中!

世界有数の太陽光追尾式架台メーカーとして、世界中に製品を提供しているアークテックソーラー。バックアップ率99.99%を誇る追尾式架台の秘密とは? 同社日本法人社長に聞いた。

傾斜角度は65度!? 特殊機能を備えた追尾式架台!

フランスで太陽光発電が可能な道路「ワットウェイ」の試用が始まった。20㎡のワットウェイで住宅1戸分の電力を十分に賄えるという。一から道路を作り直す必要がなく、工期が短く済むのが長所だ。

電気を生む道路でエコに貢献 フランスのソーラー道路

太陽光発電の導入拡大を向けて、日本気象協会の日射量予測サービス「SOLASAT 8-Nowcast」が好評を博している。気象衛星「ひまわり8号」を駆使したもので、今年3月より一般提供が開始された。太陽光の発電量予測にも直結する、注目の新サービスだ。

日射量予測が進化。太陽光発電が安定電源に!?

国営企業として中国の宇宙開発を支えている航天機電。宇宙開発で培った技術は太陽光パネルにどう活かされているのか? 同社の太陽光発電最高技術責任者に話を聞いた。

宇宙開発技術を応用し、太陽光発電の拡大をサポート!

いよいよ4月から改正FIT法が施行。認定の考え方そのものが変わり、これに伴って発電事業者には新たな義務が生じることになった。今後は、保守点検をおろそかにしていると、認定取消にもなりかねないという。JPEA事務局長の亀田正明氏に話を聞いた。

太陽光発電200GW時代に向けて 制度改革をチャンスに

太陽光モジュールの出荷量世界一を達成したジンコソーラー。2017において日本市場での成長率100%を目指すという同社の戦略に迫る。

日本で成長率100%を目指すジンコソーラーの戦略

長らくパネルメーカーのOEM供給を手がけてきたトランサンソーラーが、自社ブランド打ち出してパネル供給を開始。同社代表取締役の小穴氏に話を聞いた。

トランサンソーラーが自社ブランドパネルを供給開始!

1 2 3 10

アクセスランキング

  1. 2017年度、これが新FIT買取価格だ!
  2. 大容量&低価格、テスラの新・家庭用蓄電池!
  3. ZEH時代到来! 太陽光発電は自家消費が基本!
  4. 知らないと損する改正FIT基礎知識
  5. 改正FIT時代を生き抜く PVビジネスの新トレンド
  6. 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」8/3開催
  7. 過積載率を高める日本向け新型パワコン開発中!
  8. 今年中に理解したい! 改正FIT法の影響
  9. 小型風力発電で気をつけたい“720時間抑制ルール”とは?
  10. 電力受給ギャップが問題に。米国”ダックカーブ現象”
スマートファクトリーJapan2017 Solar Asset Management: Asia PVJapan2017 The Solar Show Philippines 2017 Intersolar Europe Intersolar NORTH AMERICA

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.21 / ¥0
2017年4月28日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 太陽光業界最新ニュース