太陽光発電

世界では日々最新の技術が生み出されている。ベルギーでは、太陽光と水蒸気から水素を生成するパネルの開発に成功した。このパネルによって何が実現できるのだろうか。

太陽光&水蒸気で水素を生成!? ベルギー発の画期的なパネルとは?

卒FIT、入札対象の拡大などが控える2019年度の太陽光マーケット。出荷量3年連続世界一のジンコソーラー株式会社はどのような戦略を立てているのか。副社長・銭晶氏に、今年度の戦略を聞いた。

中国市場はこれからも成長! ジンコソーラーが考える戦略とは?

連日猛威を奮う、九州地方の豪雨。浸水や破損した太陽光発電の設備に近づくのはとても危険だ。復旧作業などで、やむを得ず近づいたり触れたりする場合は、ゴム手袋やゴム長靴などを使うなリスク管理を徹底してほしい。

【九州豪雨】水没・破損した太陽光発電設備を処理する際の注意点は?

太陽光発電システムが原因で起きる火災や感電などの事故を防ぎ、安全性を高めるには何が必要なのか。消防庁 消防研究センター技術研究部の田村裕之室長に、太陽光発電システム火災の事例や安全対策について伺った。

太陽光発電で火災や感電事故が発生!? 必要な安全対策とは?

最新技術を用いた効率化が進む太陽光発電所のO&M。赤外線カメラの分野で高いグローバルシェアを誇るフリアーシステムズのハンディタイプカメラによる点検現場を取材した。

点検効率UP! “サーモグラフィカメラ”でパネルの不具合を見逃さない!

全世界で容量3GW、6000ヶ所を越える太陽光発電所を監視するTAOKE社の「SmartPV」。今回はEPC事業を手がける株式会社トモタカの代表・伴野さんに、導入した同製品の使い心地を聞いた。

低コストで遠隔監視を改善! いま注目の「SmartPV」活用レポート

太陽電池モジュールの世界最大生産地である中国。現在、国家による大規模なプロジェクトが進められているが、具体的にどのような目標に向かっているのだろうか。資源総合システムの貝塚泉氏による連載コラム第5回。

中国、2020年には太陽光を「補助金不要な市場」へ 2019年はその移行期

FITの買取価格低減が進む中、より高品質なモジュールへとトレンドが移り変わっている。 そのトレンドを先取りした「イクリプス」シリーズを提供するセラフィムソーラージャパンの崔娟娟社長にその特長を聞いた。

発電所の高効率化に最適! セラフィムソーラー「イクリプス」の魅力とは

オプティマイザの機能は、発電量の低下を抑える“発電最適化”にとどまらない。太陽光発電所のコストパフォーマンスを高めるAmptストリングオプティマイザの活用法を、ここでは4つご紹介しよう。

発電所の事業性を高める!Amptストリングオプティマイザ4つの活用法

パリのセーヌ川に連なる中州。その仲間に加わった、『ラ・セーヌ・ミュージカル』は、日本人建築家が設計した。注目すべきは、太陽光発電システムを導入しているところだ。

太陽の位置に合わせてパネルが動く! パリの音楽複合施設

1 2 3 38

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 7/24(水)開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. 太陽光&水蒸気で水素を生成!? ベルギー発の画期的なパネルとは?
  5. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 太陽光発電で火災や感電事故が発生!? 必要な安全対策とは?
  8. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース