太陽光発電

設置するならコレ!おすすめ太陽光発電モデル

大阪支店を設立! 西日本営業を注力

破竹の勢いで成長する同社は営業エリア拡大を続けている。同社の拠点は東京だったこともあり、今までは北関東地域への販売が多かった。しかし土地にゆとりがある地方は全国にあり、国内中から問い合わせが多かった。

そこで同社は7月に大阪支店を立ち上げ、西日本の営業活動を本格化する。熊野大阪支店長は「管轄エリアは、近畿2府4県に加え三重県、中国地方5県、四国4県の16府県。対する初期メンバーが4名ではありますが、アグレッシブな人材を揃えています。今秋までには人員を倍増し、関西近県のお客様にもLooop製品で喜んでいただきたい」と意気込みを語る。

また同社は今後、農地での普及を期待されているソーラーシェアリング・キット「ソラシェア」の販売も順調だ。7月に宮崎大学へ第一号を納品する。受注はそれ以外にもすでに数多く受けており、今後順次納入していくという。現場の要望に応えて、成長し続けるLooopの事業展開は、これからもどのような動きがあるのが楽しみだ。


株式会社Looop
東京都文京区本郷4-1-4常和本郷ビル
looop.co.jp/index.html
info@looop.co.jp


Text>>南野 彰

123

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 電力会社が再エネに注力! 重い腰が上がり始めた背景とは(前編)
  4. 大好評「PVビジネスセミナー」9/24(火)に大阪で開催!
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?
  8. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース