注目キーワード

太陽光発電

苔×IoTの空気清浄ソーラーベンチが想像以上にすごい

深刻な問題となっている大気汚染問題に立ち向かうべく、ヨーロッパやアジア各国で導入が進められているエアーフィルター「CityTree」。苔の力で「275本分の木」に相当するCO2を削減するという。

1台で275本分の木に相当!
苔×IoTの空気清浄ソーラーベンチ

深刻な問題となっている大気汚染。2016年には、世界人口の92%がWHOの基準値を超す汚染された大気の中で生活していることが報告されている。

そこで、現在ヨーロッパやアジア各国でも導入が進められているのが、苔の力を活かすエアーフィルター「CityTree」だ。

City Treeは高さ4m、幅3m、奥行き60cmと小さなベンチ型の独立型ユニットで、植えられた苔が年間240トン分ものCO2(275本分の木に相当)削減効果がある。

この苔のメンテナンスにはIoT技術が用いられ、内蔵のセンサーが植物の状態を計測し、貯蓄した雨水を適切なタイミングで苔に供給。これらの動力は、もちろんソーラーパネルの電力で賄われており、管理のしやすさに加えて環境負荷が少ないことも評価されている。

<greencitysolutions>
greencitysolutions.de


『SOLAR JOURNAL』vol.22より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 太陽光発電所の「リパワリング」が変わる! 集中型から分散型へ、パワコンをリプレース...
  2. ライセン、N型HJTモジュールを市場投入。PPA事業、案件開発、海外進出もサポート...
  3. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  4. 新・自家消費時代の大本命── トライブリッドにしかできないこと
  5. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  6. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  7. 新電力の撤退相次ぐ。電力契約のセーフティネット「最終保障供給」とは?...
  8. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  9. 2022年度からの「オンライン代理制御」で何が変わる?  低圧含め5エリアで開始か...
  10. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.42 | ¥0
2022/7/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース