太陽光発電

苔×IoTの空気清浄ソーラーベンチが想像以上にすごい

深刻な問題となっている大気汚染問題に立ち向かうべく、ヨーロッパやアジア各国で導入が進められているエアーフィルター「CityTree」。苔の力で「275本分の木」に相当するCO2を削減するという。

1台で275本分の木に相当!
苔×IoTの空気清浄ソーラーベンチ

深刻な問題となっている大気汚染。2016年には、世界人口の92%がWHOの基準値を超す汚染された大気の中で生活していることが報告されている。

そこで、現在ヨーロッパやアジア各国でも導入が進められているのが、苔の力を活かすエアーフィルター「CityTree」だ。

City Treeは高さ4m、幅3m、奥行き60cmと小さなベンチ型の独立型ユニットで、植えられた苔が年間240トン分ものCO2(275本分の木に相当)削減効果がある。

この苔のメンテナンスにはIoT技術が用いられ、内蔵のセンサーが植物の状態を計測し、貯蓄した雨水を適切なタイミングで苔に供給。これらの動力は、もちろんソーラーパネルの電力で賄われており、管理のしやすさに加えて環境負荷が少ないことも評価されている。

<greencitysolutions>
greencitysolutions.de


『SOLAR JOURNAL』vol.22より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  2. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  3. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  6. 住宅用太陽光に新機軸、パネル1枚からでも設置可能に!
  7. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  8. 2030年度には電力小売事業の「PPA」が市場規模400倍に
  9. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  10. FIT買い取り期間終了後はどうなる? 再エネ自立化へ向け自家消費が牽引
  アンプトジャパン ソーラーエッジ タイゴエナジー ジンコソーラー ライセンエネルギー  

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.28 / ¥0
2019年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース