太陽光発電

限界はない。この閉塞感は業容拡大のチャンスなのだ

『JPEA PV OUTLOOK 2050』は、JPEA(太陽光発電協会)が初めて示した2050年への指標。2017年6月に事務局長に就任した増川氏に、これからの日本の太陽光発電事業について伺った。

新しいビジネス
業容拡大のチャンス

今の日本は、化石燃料に依存しきっています。しかも、海外からの輸入に頼っています。将来に向けて、このままで良いわけはないでしょう。

JPEAは今回、はじめて2050年へのビジョンを策定したわけですが、ここには未来への強い決意が込められています。私は、6月に事務局長を拝命したばかりですが、『JPEA PV OUTLOOK 2050』を皆様にご理解いただき、太陽光発電産業のサステナブルな発展に尽力していくことこそ、役割だと思っています。

世界の再生可能エネルギー発電分野の投資は、従来の化石燃料による発電事業の投資を2015年には上回りました。なかでも太陽光発電の導入については、世界的にも加速度的に拡大を続けています。これを後押しているのは、COP21以降の世界の低炭素化・脱炭素化の流れです。日本は、エネルギー自給率の観点からも、環境先進国というプレゼンスを各国に示すという意味からも、世界で最も再エネを必要とする国ではないでしょうか。

現在の閉塞感は、太陽光発電の価値の毀損、技術的限界から生まれたものではありません。先行きの不透明感から生まれたものです。本ビジョンでは、不透明であるからこそ新しいビジネスの絵を描き、業容拡大のチャンスも生まれると捉えています。脱炭素・持続可能社会の実現に向けて、手を携えてまいりましょう。

プロフィール

太陽光発電協会 事務局長

増川武昭氏


取材・文/廣町公則

『SOLAR JOURNAL』vol.22より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 11/19(火)開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  7. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  8. 12/3(火)開催PVビジネスセミナー「主力電源化への展望と高効率モジュールの役割」
  9. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  10. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.31 / ¥0
2019年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース