注目キーワード

太陽光発電

軟弱地盤で支持力UP! 既存の杭に取り付ける「浮沈防止BASE」

太陽光発電所や水田でのソーラーシェアリングなど、あらゆる用地に対応可能な「浮沈防止BASE」。既存の杭に取り付けるだけで、軟弱な地盤でも強力な支持力を実現できる、特許技術活用のメリットとは?

用地・地質に合わせて選べる!
浮沈防止BASEの特徴

ビル技研が特許を取得した、杭の引き抜きや沈下を防ぐアイテム「浮沈防止BASE」。既存の杭に取り付け施工することで、杭の浮沈を強力に防止。

秋田県の水田ソーラーシェアリングにおいても活用されている、その確かな技術とは?

浮き沈み防止対策

<左:地中設置の場合>
上からの荷重を面で支え、沈下を防止。また、土などの荷重を面で押さえ、引き抜きを防止。
<右:地上設置の場合>
上からの荷重を面で支え、沈下を防止。上部に荷重が無いため浮沈防止のみ。

地面への雨水浸透時

<左:地中設置の場合>
地面へ浸透してくる水を面で逃がすため、下方向への水の侵入を抑えて沈下を防止。
<右:設置なしの場合>
雨水が架台や杭を伝わり地面に浸透し、地盤がゆるくなることで沈下の原因になる場合がある。

「浮沈防止BASE」

円形タイプ
・R300(Φ300)¥2,500
・R400(Φ400)¥3,000
・R500(Φ500)¥3,500
スクエアタイプ
・S300(30×30cm)¥2,500
・S400(40×40cm)¥3,000
・S500(50×50cm)¥3,500

問い合わせ

株式会社ビル技研

環境事業部

〒278-0036 千葉県野田市中野台鹿島町11-28
TEL:04-7128-4981(フリーダイヤル:0120-508-433)

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 動き出した需要家主導の「再エネ主力電源化時代」
  3. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  4. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. 電気事業法50年に一度の大改正へ! 配電事業者の免許制には賛否両論
  7. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  8. 初期導入コストが安い! SmartPVの新サービス 「WEBカメラ」が好評!
  9. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  10. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.34 / ¥0
2020年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース