注目キーワード

太陽光発電

JPEA「初期費用の低減は、官民一体で」再エネ主力電源へ

健全性に優れた
長期安定稼働を目指す

コスト競争力の向上には、発電所の長期安定稼働を実現していくことも肝要です。全稼働期間における平均発電コスト(円/kWh)は、総コストを総発電量で割った数値で表されます。稼働期間が伸びれば、その分だけ総発電量は増大します。一方で燃料費はゼロですから、平均発電コストはどんどん下がります。FIT買取期間を超えて、稼働年数を伸ばしていくことが、コスト競争力を高めることにも直結しているのです。

私どもでは、長期安定稼働のためには適切な設計施工・維持管理が必要と考え、発電設備に関わる各種マニュアルを策定し、周知・普及に取り組んできました。さらに現在、発電事業全体のさらなる健全化を促すべく、「発電事業評価ガイド」の取りまとめを行っているところです(6月発表予定)。

太陽光発電が真の主力電源として認められるよう、JPEAはこれからも、その健全な発展に努めてまいります。

 

プロフィール

一般社団法人太陽光発電協会(JPEA)事務局長

増川武昭氏

1985年昭和シェル石油株式会社に入社。原油の調達や電力ビジネスなどを担当。2013年にソーラーフロンティア株式会社に出向し、太陽光発電産業のビジョン策定等に携わる。2017年6月から現職。


取材・文/廣町公則

SOLAR JOURNAL vol.25(2018年春号)より転載

< 12

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【続報】発電側基本料金、電力量にも課金へ。容量課金とは1対1の比率
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  4. 4月27日、Zoom開催決定! 太陽光の新たな価値がわかる「PVビジネスセミナー」...
  5. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. 再エネ賦課金の2021年度単価が決定。再エネの自給自足に向け機運高まる
  9. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  10. エネルギー基本計画、2050年「再エネ5~6割」をたたき台に議論始まる

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.36 | ¥0
2021/1/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース