太陽光発電

O&Mは「資産価値向上」がポイント! セカンダリー市場で求められること

太陽光発電のセカンダリー市場の拡大に伴い、ニーズが高まると予測されるO&M。今後のメンテナンスサービスに求められることは何か。スマートエナジー代表・大串氏が語る。

拡大傾向にある
O&Mのビジネスチャンス

今は太陽光発電業界がFITから自立する過渡期にあります。これからは新規案件だけでなく、中古売買の市場も拡大するでしょう。当社はO&Mサービスがメイン事業で、設備導入が増えればビジネスチャンスがどんどん増えていきますので、巷間言われるような曲がり角という感覚はありません。

太陽光発電設備の
資産価値向上が必要

一口にO&Mといっても、業界の現状としてはオペレーション(運用)が少なく、ほぼメンテナンス(保守)だけに偏っています。当社は発電した電気の価値を1円でも上げるため、アセットマネジメントという観点から、太陽光発電設備の資産価値の向上に貢献するサービスを提供しています。一方で、メンテナンスをなるべく早く安く提供するため、全国50ヶ所以上のサービスセンターに社員を置き、移動コストをかけずに駆け付けられる体制を整えました。

オーナーは十人十色で様々な需要があります。例えばIT技術で草刈が必要な場所を色分けしたり、シリアルバーコードで異常パネルをすぐに見つけられるようにしたり、顧客ごとにきめ細やかな対応をしています。我々は点検の際に「異常なし」は「仕事をしていないと同じだ」と社員に伝えています。必ず改善箇所があるはずですから。

プロフィール

株式会社スマートエナジー

代表取締役 大串卓矢氏


SOLAR JOURNAL vol.26(2018年夏号)より転載

  • 関連記事

    アクセスランキング

    1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
    2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
    3. 電力会社が再エネに注力! 重い腰が上がり始めた背景とは(前編)
    4. 大好評「PVビジネスセミナー」9/24(火)に大阪で開催!
    5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
    6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
    7. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?
    8. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
    9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
    10. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?

    フリーマガジン

    「SOLAR JOURNAL」

    vol.30 / ¥0
    2019年7月31日発行

    お詫びと訂正

    ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース