太陽光発電

日本でも蓄電池を展開予定! LGエレクトロニクスの”自家消費”戦略

2018年に起こった出来事の中でも影響が大きかった、中国における太陽光発電設備導入の規制通知。2019年も様々な変化が予想されているが、業界を牽引する企業の戦略はどうなっていくのだろうか。LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社の楠山恭央氏に話を伺った。

蓄電池システムの
日本での展開も視野に入れて準備

昨年5月31日の中国における太陽光発電設備導入の規制通知は、各社とも影響が大きかったと思います。案件がリセットされる話も少なからず我々の耳に入ってきました。当社もパネル価格の調整を検討せざるを得ないケースが出てきたり、大変な状況になったという印象でした。



当社のモジュールは高出力ですが、価格面では必ずしも優位性があるとは言い難い。経産省の通達でパネル変更が可能になったことで、どちらかといえば守りの立場に置かれました。しかし、クレジット与信がつかないパネルを使う予定だったオーナーさんなどもいて、それを当社製品に変える相談ができるようなった案件もあります。プラスマイナスゼロになるように、ここで踏ん張りたいと思います。

出荷量としては、2015年が約250MW、2017年が約180MWでした。昨年は250MW弱に戻せました。今年は370MWが目標で、当社のボリュームピークがきます。

自家消費の用途で太陽光電源をつくろうとしている人たちの評価を得るには、価格だけでなく、性能(出力・効率)、実績、ブランド、および蓄電池システムとの併用など総合的な価値が重要になってくると思います。

本社のある韓国では蓄電池がブームになっており、補助金も手厚く導入が加速しております。本国で展開し実績の高い蓄電地システムも日本で展開できるよう、準備を進めております。

PROFILE

LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社
Business Solution Team 部長

楠山恭央氏


文/大根田康介

SOLAR JOURNAL vol.28(2019年冬号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  2. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  3. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  6. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  7. 住宅用太陽光に新機軸、パネル1枚からでも設置可能に!
  8. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  9. 2030年度には電力小売事業の「PPA」が市場規模400倍に
  10. FIT買い取り期間終了後はどうなる? 再エネ自立化へ向け自家消費が牽引
  アンプトジャパン ソーラーエッジ タイゴエナジー ジンコソーラー ライセンエネルギー  

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース