注目キーワード

太陽光発電

【エグゼクティブインタビュー】「100%再エネ社会の創出」Krannich Solarの理念

新型コロナの感染終息は未だ見通せず、気候危機の被害は拡大を続けている。そんな中でも業績がアップしている会社もある。Krannich Solar株式会社取締役ロビン・ゴスマン氏に、新型コロナの影響やSDGsの達成に対する取り組みについて話を聞いた。

日本における新型コロナの感染は、
ビジネスにどのような影響を与えましたか?

日本市場、グローバルともに業績は前年対比ではアップしています。当社では世界にコロナが流行する以前よりリモートワークやウェブセミナー等を積極的に行っていましたので、新しい働き方へのシフトも問題ありませんでした。

日本の太陽光マーケットで
注力しているソリューションとその特長は?

特に低圧案件については30%自家消費ルールが定められたことにより、今まで敬遠されていた陸屋根への設置検討が増えてきています。当社ではドイツのK2 Systems社製の陸屋根用アンカーレス架台をはじめ、様々なブランドの高効率モジュール、パワーコンディショナなど、トップランナー商品の提案を行っています。

自家消費型太陽光の普及に、
どう貢献しますか?

自家消費システムはFITと異なり、お客様ごとに最適なシステム運用を計画しなければなりません。当社が扱うトップランナー商品はフレキシブルなデザインが可能で、設置場所の選択肢も広げることができます。

RE100など、再エネ拡大に対する
需要家の声が大きくなっている現状をどう捉えていますか?

再生可能エネルギーが経済に与える影響、役割がさらに大きくなり、社会の関心が一層高まってきていると実感しています。また蓄電池技術の発展が、再生可能エネルギーのベース電源化を加速させると考えています。

世界中で甚大な被害をもたらしている
気候危機の影響について、どんな取り組みをしていますか?

太陽光発電システムの普及により二酸化炭素の排出量は確実に減らすことができます。我々は太陽光発電ビジネスに特化することで、人類が直面している気候変動問題を解決するソリューションを提供し続けています。

世界の目標とされているSDGsの達成
に対する取り組みを教えてください。

「100%再生可能エネルギー社会の創出」が当社のオーナー、クルト・クラニッヒの理念です。これはSDGsが目指す方向性そのものです。当社はこの理念を実行するべく、環境問題で先行するドイツ市場の知見を世界中に展開しています。

PROFILE

Krannich Solar株式会社
取締役

ロビン・ゴスマン氏


SOLAR JOURNAL vol.35(2020年秋号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【続報】発電側基本料金、電力量にも課金へ。容量課金とは1対1の比率
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  4. 4月27日、Zoom開催決定! 太陽光の新たな価値がわかる「PVビジネスセミナー」...
  5. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. 再エネ賦課金の2021年度単価が決定。再エネの自給自足に向け機運高まる
  9. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  10. エネルギー基本計画、2050年「再エネ5~6割」をたたき台に議論始まる

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.36 | ¥0
2021/1/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース