注目キーワード

太陽光発電

面倒な積雪にサヨナラ 太陽光発電モジュールで2m超えの積雪にも対応

9月15日、サンテックパワージャパン株式会社は住宅用屋根建材型太陽光発電モジュール「ジャストルーフ」シリーズにおいて、最大で240cmの積雪に対応する製品の受注を開始した。 「ジャストルーフ」は、同社が1992年から展開 […]

9月15日、サンテックパワージャパン株式会社は住宅用屋根建材型太陽光発電モジュール「ジャストルーフ」シリーズにおいて、最大で240cmの積雪に対応する製品の受注を開始した。

「ジャストルーフ」は、同社が1992年から展開する屋根建材と太陽光モジュールの2つの機能を同時に提供する製品シリーズ。屋根建材型モジュールは発電だけでなく、様相の美しさ、軽さ、施工のシンプルさや、建築のコスト削減、工期の短縮化が期待できるとして注目されている。

この度発売された製品は、フレーム構造において雪止めのリブを無くし、雪を落とすことで積雪対応性を高め、従来製品が100cm未満だったところ最大240cmの積雪に対応することが可能となった。公称最大出力は135W、モジュール変換効率は14.4%だ。

SJ0918

また、従来の「ジャストルーフ」シリーズ同様、20年のモジュール出力保証、および無償のシステム10年保証・サンテックパワー総合補償制度が提供されているほか、屋根漏水補償10年、自然災害補償10年も提供されている。

今回の発売により、豪雪地帯など、これまでよりも幅広い地域で再生可能エネルギーの採用が可能に。同製品のような住宅屋根用モジュールの選択肢の拡大が、持続可能な社会の実現に繋がっていくだろう。


サンテックパワージャパン株式会社
www.suntech-power.co.jp
0120-303-616
9:00~17:00(土・日・祝日を除く)

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 太陽光発電所の「リパワリング」が変わる! 集中型から分散型へ、パワコンをリプレース...
  2. ライセン、N型HJTモジュールを市場投入。PPA事業、案件開発、海外進出もサポート...
  3. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  4. 新・自家消費時代の大本命── トライブリッドにしかできないこと
  5. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  6. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  7. 新電力の撤退相次ぐ。電力契約のセーフティネット「最終保障供給」とは?...
  8. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  9. 2022年度からの「オンライン代理制御」で何が変わる?  低圧含め5エリアで開始か...
  10. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.42 | ¥0
2022/7/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース