太陽光発電

“国内初”の「発電量保証」サービスとは?

太陽光発電所のO&Mを手がける株式会社CO2O(シーオーツーオー)は、8月27日に開いた記者会見で、「太陽光発電所の再生事業」と、“国内初”となる「発電量保証」サービスの提供開始を発表した。

記者会見では、豊富なO&Mの実績を持つ同社は、不完全な杭打ちや、接合の不具合によるケーブルの断線、排水対策の不備による地盤の崩壊など、これまで改善に取り組んだ太陽光発電所の事例を交えながら、新サービスについて代表取締役の酒井正行氏が紹介。

「風雨にさらされる太陽光発電所は、年を追うごとに様々な問題が発生します。専門家の視点から発電所を診断し、リスクの本質を見極めることで、効果的なO&Mが可能になります」(酒井氏)。

「太陽光発電所の再生事業」では、不設計・施工や保守・運用体制の不備などの理由から、計画していた発電量が確保できていない太陽光発電所を対象に、具合箇所の特定から改善提案、O&Mまでを含めたサービスを提供し、運用効率の最大化を提案する。

そして、自社がO&Mサービスを提供する太陽光発電所について、改善提案を実施した上で計画発電量を保証する“国内初”の「発電量保証」サービスを展開するという。これは、同社が提示する計画発電量を達成できなかった場合に、発電量不足によって生じた売電収益の損失を年間のO&M費用を上限として補填するプラン。2015年秋に提供を開始する予定だ。

今後長期間にわたっての稼働が求められる太陽光発電所の運用に対し、リスクを最小化して利益を最大化するための心強いサービスが登場したといえるだろう。


株式会社CO2O
www.co2o.com
東京都港区芝浦3-2-16 田町イーストビル7F
TEL:03-5439-5242

  • 関連記事

    アクセスランキング

    1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
    2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
    3. 電力会社が再エネに注力! 重い腰が上がり始めた背景とは(前編)
    4. 大好評「PVビジネスセミナー」9/24(火)に大阪で開催!
    5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
    6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
    7. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?
    8. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
    9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
    10. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?

    フリーマガジン

    「SOLAR JOURNAL」

    vol.30 / ¥0
    2019年7月31日発行

    お詫びと訂正

    ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース