太陽光発電

檀家たちの共同出資により、本堂の屋根に太陽光パネルを設置したお寺がある。およそ700年前に創建された東京都江戸川区の名刹、真言宗豊山派泉福寺だ。太陽光発電に込められた人々の想いとは?──岡田隆法住職に話を聞いた。

お寺の屋根にソーラーパネル!? 災害時には避難所の役割も

「ソーラーシェアリングは今、日本や中国などアジアを中心に盛況している」と語る環境経営コンサルタントの村沢義久氏。中国ではメガソーラーシェアリングも建設されているが、今後はどのように普及してくのだろう。

ソーラーシェアリングの中心はアジア! 中国では50MWの巨大ソーラーも

先進国から輸入される太陽電池セル・モジュールに、25%のセーフガード関税を課すことを決定したインド。国内人口が増加により電力の供給方法が喫緊の課題となっている中で、国が示す貿易政策とは?

インドが太陽電池モジュールのセーフガード課税を実施、影響は短期的?

太陽光発電事業者よる全国組織が誕生した。日本には既に数多くの太陽光関連団体があるが、あえていま新団体を立ち上げる意義はどこにあるのか。設立記念シンポジウムに、その答えをみた。

小泉元首相も注目の「太陽光発電事業者連盟」が発足、今後の活動は?

パワーコンディショナの世界シェア15%を誇る、グローバルリーダーのSUNGROW(サングロウ)が、日本市場向けの新製品2機種を発表。発表会では、本誌連載でお馴染みの飯田哲也氏の基調講演も行われ、九電の出力抑制や、未稼働案件の問題など、旬の話題を独自の視点から考察した。

SUNGROWが新製品2機種を発表! 本誌連載中の飯田氏が基調講演も!

太陽電池モジュールを巡る"貿易摩擦"が深刻化している。ソーラー事業は国外との取引きが多く、それによって事業が大きく左右されるが、今回は特に日本と関わりの深いアメリカでの貿易摩擦について考察する。

太陽電池モジュールを巡る、米国における”貿易摩擦”と”輸入制限”

11月27日、一般社団法人 新エネルギーO&M協議会が主催した「第1回O&M技術セミナー」では、太陽光発電所のさまざまなトラブル事例が披露された。想像もつかないような驚きの事件や、意外な解決法も飛び出し、太陽光発電所のO&Mには幅広い知識や経験が必要なことを実感するセミナーだった。

O&M協議会、初の技術セミナー「驚きのトラブルと解決法」が多数!

スイスメーカーが、世界初のソーラーヨット「ソーラーインパクトヨットAG」を開発! 環境に優しいのはもちろんのこと、船の"揺れ"が少なくほぼ無音で、乗り心地の良さも文句なしだ。

太陽光を動力に環境負荷を軽減! 世界初の「ソーラーヨット」登場

セカンダリー取引に向け、既設の太陽光発電所を最適化する「ストリングオプティマイザ」が話題だ。日本での導入事例が増えているが、オプティマイザを活用することで発電量は本当に最大化できるのか? メリットや魅力を解説。

セカンダリー取引で有利になる、太陽光発電所の”リパワリング”とは?

11月16日、日本PVプランナー協会が「第6回全国会員大会」を開催。関係省庁や、太陽光発電業界の最先端を走る有力者を招き、基調講演が行われた。池田真樹理事長は「100年後の地球をよりよいものにする“PV100年構想”へ向けて尽力する」と宣言した。

日本PVプランナー協会、全国会員大会で「PV100年構想」へと一致団結

1 2 3 4 33

アクセスランキング

  1. 2019年度のFIT調達価格は14円/kWh! 前年度から2割超の大幅減額に!
  2. 電力7社が中部電力へ送電、天気予報より日射量・気温ともに低下
  3. 屋根上太陽光発電はブルーオーシャン!? 導入済みの工場は少ない
  4. セカンダリー取引で有利になる、太陽光発電所の”リパワリング”とは?
  5. 〈終了〉2019年1月16日開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  6. 屋根上ソーラーに最適! 耐久性抜群の高品質太陽電池モジュール
  7. 再エネによる資産形成のヒントは「資産運用EXPO」でみつけよう!
  8. 目指すは「日本市場シェアNo.1」大手モジュールメーカーの展望
  9. パネル1枚から設置可能! 小規模&自家消費向け『マイクロソーラー』登場
  10. 太陽光発電と音楽が融合!? 中津川の「再エネ・フェス」が大盛況!
ENEX2019(エネックス 2019) 株式会社エーピーシーメンテナンス 日本BSL株式会社 フリアーシステムズジャパン株式会社 LONGi SOLAR

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース