太陽光発電

日本では今年4月に電力小売り全面自由化が始まったが、米国では1990年代に自由化が始まっている。開始して20年程が経つ米国では、どのようなサービスが登場し、消費者はいかに電力会社を選択しているのか。米国の現在の様子から、日本の市場の行方を見る。

アメリカで電力小売り自由化が人気!

ジンコソーラージャパン株式会社が資金調達を目的に、コンソーシアムと20億円のシンジケートローン契約を締結したことを発表。

ジンコソーラーがSMBCらとシンジケートローンを締結

全国47都道府県に発電所を設置したLooopが、「バーチャル太陽光発電見学ツアー」の提供を開始した。

24時間365日見学できる太陽光発電所ツアーが開始!

再生可能エネルギーを推進しようにも、何かと土地の制約が多い日本。遊休地や工場の屋根などの有効活用が必要なのではないか……。2012年7月に始まった固定価格買取制度(FIT)を機に立ち上がった、全国農業共同組合連合会(JA全農)による、農家の持つ建物屋根や遊休地を活用した太陽光発電などの取り組みを紹介する。

「JA全農」が立ち上がる画期的な再エネ促進法とは

いま注目の商品やサービスを紹介する本企画。担当者にその特長を語ってもらいます。第1回は、リープトンエナジーが満を持して発表した「SUNPORT」。

いま注目の新製品・新サービスはこれだ! #01

東京都中野区にある真言宗豊山派福蔵院。歴史ある寺への太陽電池の設置に、反対する意見はなかったのか。また参詣者の反応はどうなのか。関係者に話を聞いた。

お寺にソーラー!? NIPPONの新しい価値観

中東の産油国であり、世界でも裕福な国の1つであるアラブ首長国連邦(UAE)。

広大な自然を独り占め! 砂漠の太陽光自立型エコハウス

「MY発電所キット®シリーズ」を日本全国に販売しているLooopが、住宅用太陽光発電システム「Looop Home」を発売。住宅用太陽光発電の普及拡大を目指す。

住宅用最安のkW19.8万! Looopの太陽光発電がスゴい

世界の中でも地球にやさしい国、フランス。そのフランスの首都・パリに再エネを取り入れたホテルがある。なぜ「ソーラーホテル」はできたのか?そしてホテルが生む地球へのメリットとは?

こんな活用術が⁉ パリで見かけた画期的太陽光ホテル 

太陽光発電に不可欠なO&M(運用・保守管理)ビジネスが多様化する中、オペレーション分野の動きが活発になっている。第2回目はサービスの新傾向を探る。

O&Mオペレーション分野が活発化? 未来への鍵④

1 30 31 32 33 34 35

アクセスランキング

  1. 太陽光発電8設備が初の「FIT認定取り消し」 申請せずに発電事業を実施
  2. 自治体新電力が巨大都市と連携!? 「久慈地域エネルギー」の事例
  3. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  4. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  5. 4/16(火) 次世代パワエレシンポジウム+PVビジネスセミナー 同時開催!
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 2019年度のFIT調達価格は14円/kWh! 前年度から2割超の大幅減額に!
  8. 「2019年問題」専用サイト開設! エネ庁が注意喚起と情報提供
  9. 重要なのは「安売り」ではない? 自治体新電力が生き残るポイントとは
  10. 【最新】2018年度、新FIT買取価格が決定! 割賦金単価も

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.28 / ¥0
2019年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース