太陽光発電

地球の問題をアートの視点から考えるオランダ発信のアートプロジェクト。アートをきっかけに、今まで「ありえない」と思われていたことを考える取り組みだ。

砂漠に水を生み出す装置現る!? 動力は太陽光

「改正FIT法」「電力システム改革」「パリ協定」を「太陽光発電の普及を進める3つのエンジン」と考えるJPEAの亀田氏。太陽光発電の改正FIT法について聞く。

改正FIT法 太陽光発電の安定電源化のカギとは?

環境エネルギー政策研究所(ISEP)所長 飯田氏による、ISEPの改正FIT法への5つの提言。

改正FIT法への5つの提言 そして最大の問題点とは?

太陽光発電協会(JPEA)主催の太陽光発電シンポジウムが10月下旬に都内で開催された。テーマは「新FITを勝ち抜くビジネス展開と基幹電源への道筋」。今後の太陽光発電はどうなるのか?

新FITを勝ち抜く太陽光ビジネスとは?

FIT価格が24円になって心配する声もあるが、FITに依存しない再生可能エネルギーというものを考えれば、それ自体は自然な流れで良いことなのか? ”再エネの達人”に聞くこれからの「分散型エネルギー」について聞く。

“メガソーラーで大儲け”というビジネスは終わった

営農型ソーラーを取材中、「中国の方が日本よりも一歩進んでいる」という話を聞いた。中国を代表する2社に聞いてみると、意外や意外、果物や魚介類まであるという。営農型ソーラーでどんなものがどんな環境で育てられているのか。

中国ではイチゴ・上海ガニも!営農型ソーラーで育てる

電力小売全面自由化のもと、小売電気事業者は電力の調達に工夫を凝らしてきた。再エネ由来の電気をアピールする小売電気事業者にとって、FITによる電源確保は重要なテーマだった。改正FIT法により、再エネ電気の「買取義務者」が変わる。電力小売市場への影響は?

今年中に理解したい! 改正FIT法の影響

世界有数のリゾート地である「常夏の楽園」ハワイ。温暖な気候と青い海は、人々をリラックスさせ、バケーションにぴったりだ。そんなハワイ州は、なんと「全電力消費の100%を再生可能エネルギーで賄う」ことを法律で決めたアメリカで最初の州なのだ。アメリカ在住のアナリストが読み解く!

常夏の楽園が再エネ100%を目指すワケ

FITによる再エネの買取費用は、再エネ賦課金という国民負担によって賄われている。導入量を増やしつつ、国民負担を抑えるには、買取価格を下げていくしかない。今、その切り札として登場したのが、「入札制度」だ。買取価格決定に競争原理を持ち込もうとする新制度の中身とは?

太陽光が変わる!改正FITの新入札制度

再エネ普及の原動力となってきた固定価格買取制度(FIT)が、大きく生まれ変わる。抜本的に見直されたFIT法(改正FIT法)のポイントを探る。

知らないと損する改正FIT基礎知識

1 32 33 34 35 36 40

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!
  5. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  6. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
  7. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  8. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  9. これが日本最大の風力発電所だ!出力80MW/年間発電量1億5000万kWh
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース