太陽光発電

シャープは単結晶太陽電池「ブラックソーラー」の変換効率を19.1%に高めた新製品4機種を6月から発売する。

発電ロスを大幅低減 シャープの新太陽電池製品とは?

鹿児島県鹿屋市と大崎町にまたがる土地において、国内最大級となる出力約92MWの太陽光発電所を建設、運営することが決定した。

元ゴルフ場建設予定地に巨大メガソーラー設置!

シャープは2015年2月23日、性能を大幅に向上させたクラウド蓄電池システムを5月26日に発売すると発表した。

2020年の蓄電池市場規模は現在の20倍以上!? 

2月24日(火)、太陽光パネルメーカー航天機電が都内で会見を行い、低コストと高い発電力を両立させた新商品、両面発電N型単結晶PVモジュール「銀河」を発表した。

航天機電から次世代パネル「銀河」が登場!

シャープは11月20日、都内において住宅用の単結晶太陽電池モジュール「BLACKSOLAR」4機種を発表した。

業界初!シャープが20年間保証付き新モジュール発表!

街路灯をソーラータイプに置き換えることで、維持費の削減と防災面の強化に成功した恵比寿銀座通り商店街。そのプロジェクトに全面協力したJSP社の、自然エネルギー事業を通した環境・防災への取り組みを紹介する。

恵比寿の商店街とソーラー企業がタッグを組む!

太陽光電池のモジュール、ソリューションおよびサービスにおいて世界のPV業界をリードするトリナ・ソーラー(中国・常州)の「高効率ハニーモジュール」が、P型単結晶シリコン太陽電池モジュールのピークパワー出力で世界新記録を樹立 […]

太陽電池モジュール出力世界新で見えた可能性とは?

アンテナメーカーである日本電業工作は、メガソーラーのような大規模太陽光発電システムでも利用可能な太陽光発電設備の広域ストリング監視用の無線センサーネットワーク「電波で見える化DenMoniシリーズ 太陽光発電 ストリング監視システム」を開発した。

無線ゆえに低コスト!日本電業工作開発のシステムとは

中電電気(南京)光伏有限会社(CSUN)は、近日中に、正式に280W単結晶モジュールの販売を開始すると発表した。

変換効率アップを実現 CSUNから新パネルが登場!

ソーラーパネルを設置したいけど、どれが一番いいの?もうモデル選びに迷わない!低価格かつ高圧契約対応・超おすすめモデルがこれだ!

設置するならコレ!おすすめ太陽光発電モデル

1 42 43 44 45

アクセスランキング

  1. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  4. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  5. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  6. これが日本最大の風力発電所だ!出力80MW/年間発電量1億5000万kWh
  7. スマートエネルギーWeekの季節が到来! 2020は蓄電池が熱い!
  8. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  9. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!
  10. VPP(仮想発電所) Cityだ…と…?欧州NO.1企業の戦略

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.32 / ¥0
2020年1月31日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース