注目キーワード

太陽光発電

ソーラーフロンティアが宮城県大衡村に新設した太陽光パネル工場「東北工場」が注目を集めている。世界トップクラスの生産コストを追及しつつ、太陽光パネルの“地産地消”にもこだわったという最新鋭の生産拠点だ。

太陽光パネルも地産地消! 東北復興に向け新工場、始動

「八百万(やおよろず)」の世界観、美意識を持つ「和」文化が本来の力を失いつつある。取り入れた文化の文脈に自らが埋もれてしまうリスクのほうが際立ってきているのだ。「雲の上の町」高知県梼原町を取り上げ、「八百万のパラドックス」に注目する。

エコタウンで学ぶ、価値ある太陽光パネル利用法とは

大規模な太陽光発電所には、通信技術が欠かせない。ICT業界の世界的なリーディングカンパニーである「HUAWEI」(ファーウェイ)が提供するソリューションとは? スマートソーラー事業部の李氏に話を聞いた。

これからの太陽光発電所は「スマート化」がキーワード

これからの太陽光発電に求められることは何か。再エネの達人に聞いた。

FIT以降 太陽光発電普及促進に必要な提案とは?

我が家にも太陽光発電を設置したい。けれど、日本の太陽光発電は世界より特異性があるらしい⁉安心・安全の太陽光発電設置のために知っておくべきこととは?

太陽光発電設置前に絶対知っておくべきコト【前編】

イタリアの建築家がデザインした浮島型の住居「ウォーターネスト100」。 穏やかな水の上でならばどこにでも設置できる新しい住居の魅力とは…?

リゾート地に浮かぶ不思議な巨大ソーラーハウス

平坦な土地用の架台技術は成熟し、さらに好条件の土地での太陽光パネル設置は飽和状態になっている。次に求められているのは、厳しい地形や多様な用途に合わせてモジュールを設置できる柔軟性の高い架台だ。

いま、架台は「難地攻略」がキーワード!

日本では今年4月に電力小売り全面自由化が始まったが、米国では1990年代に自由化が始まっている。開始して20年程が経つ米国では、どのようなサービスが登場し、消費者はいかに電力会社を選択しているのか。米国の現在の様子から、日本の市場の行方を見る。

アメリカで電力小売り自由化が人気!

ジンコソーラージャパン株式会社が資金調達を目的に、コンソーシアムと20億円のシンジケートローン契約を締結したことを発表。

ジンコソーラーがSMBCらとシンジケートローンを締結

全国47都道府県に発電所を設置したLooopが、「バーチャル太陽光発電見学ツアー」の提供を開始した。

24時間365日見学できる太陽光発電所ツアーが開始!

1 59 60 61 62 63 65

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【参加無料】5月27日(金)「第22回PVビジネスセミナー」
  2. 新電力の撤退相次ぐ。電力契約のセーフティネット「最終保障供給」とは?...
  3. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  4. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  5. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  6. ファーウェイの住宅向け蓄電池が人気! 中小施設の自家消費ソリューションに。...
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  9. これが日本最大の風力発電所だ!出力80MW/年間発電量1億5000万kWh
  10. 太陽光発電で火災や感電事故が発生!? 必要な安全対策とは?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.41 | ¥0
2022/4/28発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース