風力

55円(1kWhあたり)という高い買取価格で注目を集める小型風力発電。導入を検討する際に気をつけるべきこととは? ウィンドパワージャパンが開催した小型風力発電セミナーを取材した。

小型風力発電で気をつけたい“720時間抑制ルール”とは?

2017年4月1日、改正FIT法が施行された。法改正を受けて、太陽光、風力、地熱、小水力、バイオマスの買取価格は変化することとなった。今回は、風力の価格表が今後どのようになって行くのかを見ていく。

改正FIT法によって日本の風力発電はどうなるの!?

再生可能エネルギーの主力として揺るぎない役割を担っている風力発電。 日本では、いまだコスト競争力のある電源とはなっていないが、そのポテンシャルは計り知れない。国内での導入量を増やし広大な世界市場に乗り出すためには何が必要なのか。

知ってた? 日本の風力発電コストは世界の1.6倍!

今、小型風力発電に注目が集まっている。市場が急激に成長する一方で、小型風力発電には導入前に知っておくべきポイントがある。落とし穴にはまらないための注意点を再エネの達人、田中さんに訊いた!

あなたは知ってる? 小型風力発電の3つの注意点

働く人たちが、いつどこででも高いパフォーマンスを維持できるようにしたい。そんな思いから始まった、持ち運び可能な小型風力発電機がオランダから届いた。

野外活動に必須! オランダの素敵な充電アイデア!

世界の再エネは、風力発電が主役。その発電量は、太陽光をはるかに凌ぐ。日本では太陽光に押され気味だった風力だが、真価を発揮するのはこれからだ。MW級の大型風車をいくつも連ねたウィンドファームが、日本の新しい風景になろうとしている。今回は陸上のプロジェクトを紹介する。

いよいよ日本でも始動! 欧州で常識の風力発電所?

再生可能エネルギーといえば、日本では太陽光発電が目立つけど、世界的には風力の方が「再エネのエース」的存在とか。果たして、日本にも風力の時代はやってくるのか、それとももう来ているの?

風力VS太陽光!これからはどっちだ?

世界の再エネは、風力発電が主役。その発電量は、太陽光をはるかに凌ぐ。日本では太陽光に押され気味だった風力だが、真価を発揮するのはこれからだ。陸上風力・洋上風力ともに、巨大プロジェクトが各地で進行している。MW級の大型風車をいくつも連ねたウィンドファームが、日本の新しい風景になろうとしている。今回は洋上のプロジェクトを紹介する。

日本の風力もいよいよ“MW”の時代へ!

世界の再エネは、風力発電が主役。その発電量は、太陽光をはるかに凌ぐ。日本では太陽光に押され気味だった風力だが、真価を発揮するのはこれからだ。陸上風力・洋上風力ともに、巨大プロジェクトが各地で進行している。MW級の大型風車をいくつも連ねたウィンドファームが、日本の新しい風景になろうとしている。今回は洋上のプロジェクトを紹介する。

風力も“MW”の時代へ突入!? 絶対に注目すべき洋上風車

”改正FIT法”で変化した風力発電の問題を、風力発電協会専務理事の中村氏に聞いた。

改正FIT法で広がる風力発電の可能性とは?

1 2

アクセスランキング

  1. 2017年度、これが新FIT買取価格だ!
  2. 大容量&低価格、テスラの新・家庭用蓄電池!
  3. ZEH時代到来! 太陽光発電は自家消費が基本!
  4. 知らないと損する改正FIT基礎知識
  5. 改正FIT時代を生き抜く PVビジネスの新トレンド
  6. 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」8/3開催
  7. 過積載率を高める日本向け新型パワコン開発中!
  8. 今年中に理解したい! 改正FIT法の影響
  9. 小型風力発電で気をつけたい“720時間抑制ルール”とは?
  10. 電力受給ギャップが問題に。米国”ダックカーブ現象”
スマートファクトリーJapan2017 Solar Asset Management: Asia PVJapan2017 The Solar Show Philippines 2017 Intersolar Europe Intersolar NORTH AMERICA

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.21 / ¥0
2017年4月28日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 太陽光業界最新ニュース