風力

台風を克服せよ! 日本型風車が世界を変える!?

風力発電の累積導入量が全世界で5億kWに到達する一方、日本ではなかなか風力発電の導入が進まず、「風力先進国」に遅れを取っている現状がある。しかし、日本も風力発電ポテンシャル(最大導入可能量)では決して見劣りしていない。日本が抱える課題は何か。風力学会の第一人者・足利工業大学理事長の牛山泉氏にお聞きした。

日本型風車の誕生

日本には、地理的特性に起因する課題もある。1年を通して安定した風が吹くヨーロッパなどとは違い、台風や乱流に注意しなければならない。かつて、それらが風力発電の足枷になっていた時代もあったが、じつは今日では、ほとんど課題は解消されている。牛山氏が委員長となって策定したNEDOの「日本型風力発電ガイドライン」が活かされているからだ。このガイドラインは、台風・強風・風の乱れ、あるいは落雷によって、運転停止や機器の損傷が起きないよう、設計技術や機器選定、保護対策等についてまとめたもの。実際、このガイドラインに従った日本型風車は、ほとんど事故を起こしていないということだ。牛山氏は、「日本型風車のノウハウは、東南アジアなど類似した気候条件の国々にも貢献できる」と期待する。

可能性の先へ

日本の風力発電には課題も多いが、日本型風車の例からも分かる通り、その解消に向けた動きは着実に進んでいる。また、周囲を海に囲まれた日本ならではの洋上風力発電設備など、世界をリードする技術も極められようとしている。長期間を要した環境アセスメントについても、期間短縮の効果が実を結びつつある。日本の風力発電は、いま可能性に満たされているのだ。

 


取材・文/廣町公則

『SOLAR JOURNAL』vol.23より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  5. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  6. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  7. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  8. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  9. 7/24(水)開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  10. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース