注目キーワード

編集部からのお知らせ

自家消費型太陽光ビジネスで勝つ! オンライン勉強会を1/27(水)に開催

これからの太陽光発電業界を語る上で、最も重要なキーワードのひとつが「自家消費」。ソーラージャーナル主催の第二回オンライン勉強会では、高圧受電施設向けに特化して、自家消費の仕組みから営業フローまで詳しく解説します! 

FIT後を見据えて、自家消費市場はいま急速に拡大しようとしています。同時に、売電から自家消費への移行を果たせない会社は、この業界で生き残っていくことはできないとも言われます。

自家消費市場への参入方法は? この市場で勝ち抜いていくためのポイントは? これらの疑問を解消すべく、ソーラージャーナルでは、この冬、Zoomを活用したクローズドなオンライン勉強会「SOLAR JOURNALゼミ ONLINE」を開催します。

自家消費型太陽光ビジネスのパイオニアを講師に招き、ここでしか聞けない実践ノウハウの共有を図ります。豊富なケーススタディのなかに、ビジネスに直結する最適解が見つかることでしょう。

 

第2回 

テーマ:「高圧受電」施設向け自家消費型太陽光ビジネス

こんな人におすすめ!
・逆潮流対策など高圧受電施設における技術的課題を把握したい方
・自家消費型太陽光を工場に提案する際の留意点を知りたい方
・自家消費型太陽光向けパワコンなど機器選びに悩んでいる方

● 日 時
2021年1月27日(水)13:00~15:00予定

● 講 師
クラニッヒ・ソーラー株式会社
代表取締役社長 川畠義史 氏
株式会社恒電社
代表取締役社長 恒石隆顕 氏

特別協力:新エネルギー革命会
 

参加料金

● 10,000円(税込)/1名様
└ 同一法人でのお申込みの場合、2人目以降5,000円/1名様

※上記参加料金でアーカイブ視聴(期間限定)も可能です。

<アーカイブ視聴券>
● 7,000円(税込)/1名様
※第1回「低圧受電」施設向け自家消費型太陽光ビジネス アーカイブ視聴チケットも発売中!

※お申し込みいただいた方には、ご登録メールアドレス、もしくはPeatixフォーム宛に、前日17:00までに配信URLをお送りいたします。

 

講師紹介


クラニッヒ・ソーラー株式会社 代表取締役社長

川畠義史 氏

1970年生まれ。福岡県出身。福岡教育大学卒業後、93年株式会社前川製作所に入社し、主に省エネルギーシステム、オンサイトコージェネレーション事業に従事。2008年より同欧州工場副代表、ドイツ法人代表を歴任。2012年11月より現職。

国内外のPV機器を熟知した専門商社ならではの知見をフル公開!
成功する自家消費システム構築のポイント
・もう迷わない、自家消費向けの機器選び
海外の先行事例を日本のニーズに落とし込む


株式会社恒電社 代表取締役社長

恒石隆顕 氏

1963年生まれ。高知県出身。新エネルギー革命会会長。株式会社恒電社を創業し、2011年から住宅用太陽光発電の販売・施工、翌年には産業用の販売・施工に従事。現在は培ってきた技術力・営業力を総合的に活用し、 エネルギーマネジメント全般まで視野に入れた自家消費型太陽光発電の普及に注力している。

自家消費ビジネスのフロントランナーが、そのノウハウを明かす!
・失敗例から読み解く自家消費で勝つ秘訣
エネルギーマネジメントを知らないと自家消費は語れない
電力会社との協議をスムーズに進めるには?

 

参加のメリット

● 自家消費型太陽光ビジネスをいち早く手掛けた同業他社が講師に!
● ここでしか聞けない、明日のビジネスに直結するノウハウを公開!
● 自家消費型太陽光の売り方が見えてくる!
● 自家消費ならでは技術的課題と対処法を把握できる!
● 質疑応答コーナーでは貴社の悩みを相談することも可能!
※「SOLAR JOURNALゼミ ONLINE」はZoomを活用したオンラインでの勉強会となります。

 

=============================
下記、2020年12月15日(火)開催した第1回の情報です。
アーカイブ視聴チケット販売中!

第1回 

テーマ:「低圧受電」施設向け自家消費型太陽光ビジネス

こんな人におすすめ!
・低圧受電施設に向けた自家消費型太陽光の営業手法を知りたい方
・自家消費型太陽光をどこに提案したら良いか分からない方
・自家消費主体の太陽光においてFITをどうするか悩んでいる方

● 日 時
2020年12月15日(火)13:00~15:00

● 講 師
株式会社パートナーズ 代表取締役社長
澤井仁 氏
鈴木電設株式会社 営業部部長
田中翔太郎 氏

特別協力:新エネルギー革命会
 

内容紹介

株式会社パートナーズ 代表取締役社長

澤井仁 氏

基礎知識から、採算がとれる販売方法など、自家消費について包括的に解説。
宮城県気仙沼市で、低圧自家消費システムを数多く販売するパートナーズの澤井社長。講演経験も多く、概論から高圧・低圧の違い、採算のとり方など、自家消費について「知識に自信がない」「これから本格的に取り組みたい」という方にも、わかりやすく、説明します。
・自家消費販売にあたっての心構え
・野立てや住宅との違い、そこから導いた販売方法とは?
・失敗例から学ぶケーススタディ


鈴木電設株式会社 営業部部長

田中翔太郎 氏

成約率が増える“低圧自家消費ならではの”地元密着型の営業テク
地元熊本で自家消費モデル50件以上の実績を持つ鈴木電設。今回は営業部を代表して、部長の田中翔太郎氏が、低圧自家消費の販売ノウハウをこのゼミにて特別公開してくれます。
・保育園、歯医者、牛舎などに販売した営業開拓フロー
・訪販の成約率が圧倒的に増えたマル秘DM方法の公開
・自家消費をセールスしちゃいけない施設はココ!

<アーカイブ視聴券>
● 7,000円(税込)/1名様

※お申し込みいただいた方には、ご登録メールアドレス、もしくはPeatixフォーム宛に、配信URLをお送りいたします。

 

問い合わせ

ソーラージャーナル編集部
(株式会社アクセスインターナショナル)
TEL:03-6300-4430(平日10:00~19:00)
 

<個人情報の取り扱いについて>
ご提供いただきました個人情報は、株式会社アクセスインターナショナル(以下「弊社」)ならびに協賛企業によって運用いたします。弊社・協賛企業のいずれにおきましても、弊社の『個人情報保護方針』に基づいて厳重に管理し、本セミナーの遂行、および弊社・協賛企業からの関連無料研修・セミナーなどのご案内を目的として利用します。なお、ご本人の同意がある場合、または法令に基づく場合を除き、上記以外の第三者へと個人情報を開示・提供することはございません。詳細な個人情報の取扱いについては、弊社の『個人情報保護方針』をご確認ください。
参加お申込みにつきましては、以上の内容をご理解いただき、同意されたものとさせていただきますので、予めご了承下さいませ。

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「カーボンプライシング」とは何か? 小泉環境相、年明けから検討再開の意向...
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  4. 【2021年度FIT】調達価格や入札対象の検討スタート。FIP対象区分も
  5. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  9. 菅首相、所信表明で「2050年に温室効果ガス排出ゼロ」を宣言
  10. 政府が2兆円の基金創設で脱炭素技術支援へ。グリーン成長戦略も決定

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.35 | ¥0
2020/10/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース