世界では、蓄電池の導入量が指数関数的に拡大している。昨年のCOP28では、世界全体で2030年までに再エネ発電容量を3倍にするという目標を掲げたことも影響しているだろう。太陽光発電市場が冷え込んでいる日本では、どのような政策を作るべきか、環境エネルギー政策研究所 所長の飯田哲也氏が語る。

新たな蓄電池ビジネスの急拡大! 再エネ3倍増を踏まえた政策が必要

最新記事

世界では、蓄電池の導入量が指数関数的に拡大している。昨年のCOP28では、世界全体で2030年までに再エネ発電容量を3倍にするという目標を掲げたことも影響しているだろう。太陽光発電市場が冷え込んでいる日本では、どのような政策を作るべきか、環境エネルギー政策研究所 所長の飯田哲也氏が語る。

新たな蓄電池ビジネスの急拡大! 再エネ3倍増を踏まえた政策が必要

大型連休中の再エネ出力制御、8エリアで実施。エリア需要を上回る場面も

太陽光発電 市町村の約4割でトラブルが発生、2割近くで未解決

いつまで続けるのか、ガソリン補助という愚策

【PVビジネスセミナーレポート】Non-FIT時代にどう対応? PPAと蓄電池ビジネス最前線

【FIPの進化形】時代はFIP移行+蓄電池へ! 新たなビジネスモデルを探る

【総務省が注意喚起】太陽光発電システムの不要電波による無線通信の妨害が約100件

ペロブスカイト太陽電池、今月下旬に官民協議会を設立 導入目標を策定へ

CO2OSは、最高の『技術サービス力』で厳しい業界をサバイブ‼【求人募集】

SolaXが蓄電システムの日本展開を強化。パワコン一体型や積み上げ式など独自性が光る

静かに進行する、新しい“地域新電力設立ブーム”の堅実な目的

テスラがPowerwall 3を日本公開! 認定販売施工会社の募集にも意欲的

山形県の吉村知事、再エネ課税を前向きに検討 災害防止などと両立図る

高効率N型の最先端「ABCモジュール」。AIKOが日本向けラインナップを拡充

蓄電システムの導入で「リアルRE100」へ。自家消費とBCP対策の最適解を求めて

初回の長期脱炭素電源オークション、976.6万kW約定。蓄電池で厳しい競争

>>もっと見る

PICK UP!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. いつまで続けるのか、ガソリン補助という愚策
  2. 太陽光発電 市町村の約4割でトラブルが発生、2割近くで未解決
  3. 【 参加受付中!】2024年7月25日(木)「第30回PVビジネスセミナー」
  4. 新たな蓄電池ビジネスの急拡大! 再エネ3倍増を踏まえた政策が必要
  5. 【FIPの進化形】時代はFIP移行+蓄電池へ! 新たなビジネスモデルを探る
  6. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  7. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  8. 【PVビジネスセミナーレポート】Non-FIT時代にどう対応? PPAと蓄電池ビジネス最前線...
  9. 専門家に聞いた! 日本に「垂直ソーラー」が必要な理由とは?
  10. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ