編集部からのお知らせ

砂漠に水を生み出す装置現る!? 動力は太陽光

地球の問題をアートの視点から考えるオランダ発信のアートプロジェクト。アートをきっかけに、今まで「ありえない」と思われていたことを考える取り組みだ。

気候と人の営みは密接な関係がある。予想を超えて温暖化し続ける地球。多くの場所で急激な変化が起きている。「SunGlacier(サングレイシアー)」は、この気候変動問題をクリエイティブに解決する方法を提案したアートプロジェクトだ。マイナス思考ではなく、変化に対して前向きに、創造性と革新性をもって応じようというもので、気候変動に文化と技術をリンクさせて、作品を具現化している。例えば砂漠に太陽光を動力にした装置を設け、大気中にある湿気から水を生み出す装置。アートをきっかけに、今まで「ありえない」と思われていたことを考える。それが新たなきっかけに繋がっていくのだ。

sj_pva161202_002

今回のオブジェクトを具現化したオブジェ。太陽光を動力に大気中にある水分を集め頂上から噴水のように水を出す。


SunGlacier

文/Yukinobu Kato

『SOLAR JOURNAL』 vol.18より転載

関連記事

2018/02/02 | 編集部からのお知らせ

オランダのソーラーカーが豪州3000キロを走破!

2016/10/25 | 編集部からのお知らせ

常夏の楽園が再エネ100%を目指すワケ

2016/05/26 | 編集部からのお知らせ

お寺にソーラー!? NIPPONの新しい価値観

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 専門家に聞いた! 日本に「垂直ソーラー」が必要な理由とは?
  2. 新・出力制御対策パッケージ。「蓄電池の活用」を強化へ
  3. 経産省、GX推進で新たな国債発行 系統用蓄電池や次世代太陽電池に重点配分...
  4. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直しへ
  5. 太陽光発電所の盗難被害が急増 外国人グループの犯行か
  6. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  7. 自己託送の新規受付を当面停止。「再エネ賦課金逃れ」防止で要件を厳格化へ...
  8. 動き出した国の蓄電池産業戦略 官民一体で生産基盤を強化
  9. グリッドコードとは? 太陽光発電事業者も知っておくべき系統運用の新ルール...
  10. 住宅用太陽光発電システムの搭載率は何%? 戸建と集合住宅では大きな開き...
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.48 | ¥0
2024/01/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ