注目キーワード

政策・マーケット

世界白書が熱・運輸交通分野での再エネ停滞に警告 「化石燃料すべてのロックダウンが必要」

世界の自然エネルギー普及を目指すREN21が、2020年版「自然エネルギー世界白書」を公表。自然エネルギーの進展は電力分野に偏り、熱・運輸交通分野の遅れを厳しく指摘した。パリ協定の目標を達成するための道のりは、たやすいものではない。

コロナによる排出減は続かない
熱・運輸交通への風当り厳しく

「自然エネルギー世界白書2020」が6月16日に発表された。国際的な自然エネルギー政策ネットワーク組織・REN21が毎年発刊しており、世界で最も包括的で多くの著者による共同著書といわれている。2020年版では350人以上の著者によって執筆された。

「自然エネルギー世界白書2020」は、自然エネルギーの進展がいまだに不十分だと指摘している。世界の最終エネルギー総需要は、2013年から2018年まで毎年1.4%ずつ増加。新型コロナウイルス・パンデミックによる、2020年のCO2排出量の減少は一時的なものと位置づけた。パリ協定の目標を達成するには、最低でも年7.6%の削減を今後10年以上継続しなければならないとしている。

とりわけ、熱分野と運輸交通分野への評価は厳しい。化石燃料による暖房や自動車の使用をやめるべきとし、両分野で自然エネルギーの普及が進まない原因を10年前から変わっていないと指摘した。さらに、化石燃料がもたらす負のコストは、全体で5.2兆米ドル(日本円で約560兆円)に上ると推定。大気汚染や交通渋滞、気候変動など考慮すると膨大な影響があるとした。

「エネルギー主権」がもたらす
費用対効果を高く評価

自然エネルギーによるプラスの影響については、従来型の経済刺激策よりも費用対効果が大きいと評価。CO2排出量や大気汚染の減少だけでなく、雇用の創出につながるとしている。市民や地域がエネルギーに対する権利を取り戻す「エネルギー主権(energy sovereignty)」がコミュニティに自立をもたらすとし、近年広まりを見せる地球規模の気候ストライキを評価した。

REN21とは、2004年にドイツ・ボンで開かれた国際会議を受けて結成された自然エネルギー政策ネットワーク。再生可能エネルギーの開発を支援し、加速させることを目的とする。世界中の再生可能エネルギーに関する情報を収集、統合し、信頼できる情報を発信し続けている。国際エネルギー環境エネルギー政策研究所(ISEP)所長・飯田哲也氏が理事を務める。

DATA

REN21 プレスリリース(日本語)


文:山下幸恵(office SOTO)

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 洋上風力導入が日本で本格発進! 経済波及効果は15兆円との試算も
  3. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  4. 2020年以降「農業主体」がソーラーシェアリングの新常識に!
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  7. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  8. 電気事業法50年に一度の大改正へ! 配電事業者の免許制には賛否両論
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.34 / ¥0
2020年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース