太陽光発電

【講演ダイジェスト】FIT10円台・送電線空き容量問題 再エネビジネスの明日

話題の安田陽京大特任教授も登壇。これからの再生可能エネルギー業界を展望するPVビジネスセミナーが2月8日(木)、都内ホールで開催された。FIT10円台、そしてポストFITへ──成熟期を迎えた再エネビジネスの新トレンドが見えてきた。

送電線空き容量問題の
第一人者も登壇!

毎回好評のソーラージャーナル主催PVビジネスセミナー。2018年第一段となる今回は、「“FIT10円台”を生き残る再エネビジネス」をテーマに、シンクタンク、パワコンメーカー、販売施工・O&M会社などから講師を招き、実務に直結する充実の内容となった。さらにこの日は、「送電線空き容量問題」の第一人者、安田陽京都大学大学院特任教授も登壇し、ひときわ大きな関心を集めた。

安田氏たちの研究は、その内容に対して電気事業連合会が釈明リリースを出すなど、学会・業界を超えて大きな反響を呼んでいるもの。ソーラージャーナルでも、昨年よりWeb版で取り上げ(※)、雑誌版最新号(1月31日発行Vol.24)でもインタビューを掲載するなど、注目を続けてきた。セミナーでは、最新のデータをもとに電力会社管内それぞれの送電線使用状況を分析。電力会社が「空き容量ゼロ」と公表していても、実際には膨大な空きがあるという事態が、全国レベルで拡がっていることが明らかにされた。

※参考:再エネが繋げない?送電線「空き容量ゼロ」は本当か

今回、会場となったフクラシア丸の内オアゾ(東京)には、各地のEPC・メーカー・販売施工会社などから、定員いっぱいとなる210名超が参集。セミナー後の ネットワーキングディナー(懇親会)にも大半が参加し、ビジネスマッチングに花を咲かせた。
各講演のテーマは、次の通り──

①「太陽光発電:固定価格買取から自家消費型ビジネスへの転換」
株式会社資源総合システム 太陽光発電事業支援部 部長 大橋孝之氏

②「来るぞ!特高案件組成ピーク。SMAからの耳より提案」
SMAジャパン株式会社 セールスダイレクター 杉山竜太郎氏

③「FIT向け分散型パワコンとFIT以降の事業モデル」
SMAジャパン株式会社 プロダクトマネージャー 太陽光発電アドバイザー 正木章裕氏

④「太陽光発電システム~現実から未来へ~設計・施工・O&M」
一般社団法人日本PVプランナー協会 会員、職人革命会 顧問、
株式会社アルシス 代表取締役社長 高根沢喜美一氏

⑤「太陽光発電における資産価値評価とアセットマネジメント」
株式会社CO2O 代表取締役 酒井正行氏

⑥「既存顧客をファンにする!インバウンドで成功するPR戦略」
SOLAR JOURNAL編集部

⑦「送電線空き容量問題の深層」
京都大学大学院 経済学研究科 再生可能エネルギー経済学講座 特任教授 安田陽氏

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  2. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  3. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  6. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  7. 住宅用太陽光に新機軸、パネル1枚からでも設置可能に!
  8. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  9. 2030年度には電力小売事業の「PPA」が市場規模400倍に
  10. FIT買い取り期間終了後はどうなる? 再エネ自立化へ向け自家消費が牽引
  アンプトジャパン ソーラーエッジ タイゴエナジー ジンコソーラー ライセンエネルギー  

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース