注目キーワード

「事業用太陽光」の検索結果

10kW以上の太陽光発電設備は、火災保険や地震保険への加入が努力義務化されており、今年7月からは廃棄費用の積立制度も始まる。保険への加入を検討している事業者は、資源エネルギー庁のウェブサイトをチェックしてほしい。

太陽光発電の保険商品、資源エネルギー庁が紹介中! 努力義務はいずれ遵守義務に?

PPAモデルの大手企業への導入が進んでいる。キリンホールディングスは、国内のすべての工場へPPAモデルによる太陽光発電設備を導入すると発表した。同社は、2040年までに使用電力を再生可能エネルギー100%とする目標を掲げている。

キリンHD、すべての国内工場にPPAモデル導入へ。合計11MW超で国内最大級に

経済産業省は、FIT発電所の柵塀・標識の確認を強化する方針だ。地方自治体向けには、認定情報や土砂災害計画区域などを表示できるマップを提供し、不適切な案件の洗い出しに力を入れる。背景には、再生可能エネルギー発電所の事業規律の確保や地域との共生といった課題がある。

太陽光の不適切案件、対策強化へ。柵塀の現場確認やFIT設備のマップ化を促す

2020年度下期に当たる、FIT太陽光第7回入札の結果が公表された。落札価格はもちろんだが、気になるのは落札容量だ。太陽光の入札ではここ最近、容量未達が続いている。入札対象が250kW以上に拡大されて2回目の今回、果たして結果はどうなったのか?

FIT太陽光第7回、落札容量1割切る。最低価格は下げ止まりか

事業用太陽光の未稼働案件について、チェック体制が強化される見通しだ。経産省が10月26日の有識者会議で方向性を示した。これまで適用除外とされてきた2MW以上の大型案件が、今回のフォローアップ措置の新たな対象となる。

未稼働措置、工事申込み後も要件確認へ。2MW以上の大型案件が対象

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. グリッドコードとは? 太陽光発電事業者も知っておくべき系統運用の新ルール...
  2. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  3. 最新情報を施工管理アプリANDPADで共有・連携! 管理件数と粗利率を同時にアップ!...
  4. 太陽光発電設備が水害にあったら? 豪雨への備えは?
  5. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  6. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. 新電力の撤退相次ぐ。電力契約のセーフティネット「最終保障供給」とは?...
  9. 今、電気料金の「値上げ」を認めるべき理由
  10. 電気事業法50年に一度の大改正へ! 配電事業者の免許制には賛否両論

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.42 | ¥0
2022/7/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース