太陽光発電

ZEB・ZEHに新機軸! 初期費用0円で導入できる「MY自家消費セット」とは

屋根上に太陽光発電システムを設置し、効率良く電力を使うビルや住宅が増えている。さらなる再エネ普及を目指すには「コスト削減」が大きなカギとなるが、この度、低コストでも導入できるプランが誕生した。"世界初"のビジネスモデルが持つ可能性に迫る。

再エネ普及のためには
コスト低減が不可欠

日本の会社がもっと元気を出して、市場を牽引していかなければなりません。外国企業に負けないようなビジネスモデルを構築して、日本の国民がもっとハッピーになれるようなことを行っていきたいと考えています。

そのためには本質的なエネルギーコストを下げていく必要があります。再生可能エネルギーのコストは、まだまだ下げることができるはずです。

太陽光をはじめとした再生可能エネルギーには、オフグリッドで使えるという大きな特長があります。地産地消や自家消費ができるという、この特徴をしっかりと評価していくことが、再エネの経済合理性を高めることにもつながるのです。

初期費用0円で分割購入可能!
世界初のビジネスモデル

Looopでは、そうした想いから「MY自家消費セット」をリリースしました。工場やビルの空いている屋根や屋上を有効活用することで高い経済メリットを創出することのできる商品です。太陽光で発電した電気を自家消費するためのPVシステムと電力供給をセットにした、これまでにないスキームとなっています。

初期費用0円で導入していただける分割購入プランもご用意しました。世界でも例のないビジネスモデルですが、まずは日本でノウハウを蓄積し、将来的には海外のマーケットにも進出していきたいと考えています。

プロフィール

株式会社Looop
代表取締役社長 CEO

中村創一郎氏


SOLAR JOURNAL vol.26(2018年夏号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!
  5. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  6. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
  7. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  8. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  9. これが日本最大の風力発電所だ!出力80MW/年間発電量1億5000万kWh
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース