「蓄電池」の検索結果

日本の太陽光発電および蓄電池マーケットに焦点を当てた「Japan Solar + Energy Storage Congress 2018」が10月29日・30日に大阪で開催される。日本で数多く開催されている太陽光発電カンファレンスの中でも最大規模、ビジネスチャンスを求めて、業界のリーダーたちが集まるイベントだ。

注目の「太陽光発電+蓄電池」イベントが、10月29日から大阪で開催!

売電と自家消費を組み合わせた「次世代型ソーラーシェアリング」が登場。新規就農のリスクを減らし、新たな雇用とエネルギーを生み出して、地域に貢献するという新たな試みがスタートした。

売電と自家消費を両立「次世代ソーラーシェアリング」農作物も全量買取

第11回PVビジネスセミナー、2018年10月22日(月)開催! 申し込み受付中!

10/22開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」

近年、家庭向け電気料金の高騰やFIT価格の下落、補助制度の整備により、太陽光発電による電力自家消費ニーズが高まっている。2030年には、2017年比でおよそ6倍以上に市場が膨らむと公表した、富士経済によるリサーチ結果は?

蓄電池の世界市場、2030年は1兆2,585億円に!?

99万円で買える未来、「まっち」が人気だ。太陽光発電システム、省エネリフォームで知られる株式会社メデアが展開する、それは次世代のスマートハウスシステム。第9回 太陽光発電システム施工展(2018年3月、東京ビッグサイト)のセミナーで注目を集めた、同社取締役技術部長の山本耕司氏のスピーチをお届けする。

ZEH時代を生き残るための蓄電池戦略「まっち」

積水化学工業が、フィルム型蓄電池の生産設備を増設することを決定した。高安全・長寿命・高容量を同時に実現し、さらにコンパクト。2019年問題も迫る今、この事業はどう展開していくのだろうか。

「フィルム型蓄電池」を積水化学工業が生産強化!

第10回PVビジネスセミナー、2018年7月26日(木)開催!

〈終了〉7/26開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」

太陽光発電の世界的な第三者機関であるドイツの「EuPD Research社」。同社が毎年実施する、太陽光発電の施工企業を対象とした満足度調査がある。ハンファQセルズは、トップモジュールメーカーに選定され 、“TOP BRAND PV Europe 2018“を5年連続で獲得した。

ハンファQセルズが“TOP BRAND PV”の称号獲得 

経済産業省は、平成28年から平成32年までの5年間にわたり、VPP(バーチャルパワープラント)の制御技術の確立等を目指した「バーチャルパワープラント構築実証事業」を実施している。今後、需要拡大が期待される蓄電池市場に対応する交直変換装置が発売された。

仮想発電所にも対応、蓄電池用交直変換装置が発売

家庭用蓄電池の販売に注力している、多くの企業が頭を抱える"販売戦略"。「太陽光は売れるが、蓄電池になるとサッパリ……」と苦戦する企業の経営者を対象に、蓄電池販売のポイントが学べる特別セミナーが開催されるという。家庭用蓄電池を『実質0円』で売れる驚きの販売モデルとは?

蓄電池を売る「コツ」がわかる! 特別セミナー開催

1 2 3 4

アクセスランキング

  1. 10/22開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  2. 九州電力が国内初の出力制御を実施! 「再エネの主力電源化」へ課題
  3. O&Mは「資産価値向上」がポイント! セカンダリー市場で求められること
  4. 注目の「太陽光発電+蓄電池」イベントが、10月29日から大阪で開催!
  5. ISEP飯田氏が紐解く「再エネのパラダイムシフト」新たな対立とは
  6. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  7. 太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に
  8. 水上太陽光発電市場、ポテンシャルは「無限大」!?
  9. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
  10. 【講演ダイジェスト】FIT10円台・送電線空き容量問題 再エネビジネスの明日
アクシア SMA Jinko Solar LONGi SOLAR

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.26 / ¥0
2018年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース