太陽光イベント

【参加無料】4月21日(金)「第25回PVビジネスセミナー」~地域共生/屋根設置区分/自家消費~

「太陽光義務化元年」と呼ばれる2023年。脱炭素化を推進するため、全国の自治体が新しい政策を次々に打ち出し、経済産業省も「屋根設置区分の新設」「公共施設への再エネ導入拡大」「低圧太陽光のFIP対象化」などの新たな取り組みを進めています。今回は、全国の先進事例として注目を集める群馬県と川崎市の政策責任者など、豪華登壇者をお迎えし今後のビジネスチャンスを読み解きます。2023年再エネビジネス成功へ道筋を一緒に考えてみませんか?

 

地域と長期に共生した再エネの導入

太陽光発電業界で押さえておくべき最新情報をクローズアップ!
今回も業界の専門家をお迎えし、今後の動向と注目すべきビジネスの展望について考えます。

今回もリアル会場 & オンライン配信での同時開催!
簡単な事前登録のみで、無料でご参加いただけますので、皆様お気軽にご参加ください。
※リアル会場参加は定員に達したため、受付を終了させていただきました。ご了承ください。
 オンラインご視聴は引き続き受付中です!

● 開催方法
・リアル会場開催 ※リアル会場参加は定員に達したため、受付を終了させていただきました
・ZOOMウェビナーオンライン開催

—–リアル会場概要—–
東京都新宿駅付近の会場を予定しております。
JR線 新宿駅 「東口」 より徒歩6分
東京メトロ丸ノ内線 新宿三丁目駅 「E2出口」 より徒歩3分

● 参加費
無料 / フォームより事前お申し込み制

● 日時
2023年4月21日(金)
13:00 ~ 17:30頃予定 
※途中参加・退出可能

 

今回の見ドコロ!

●4月から太陽光義務化条例を施行!群馬県の再エネプロジェクト
新築1戸建て住宅に太陽光義務化!川崎市の脱炭素戦略
●新設される屋根設置区分のビジネスチャンスは?
●太陽光発電の健全な運営にむけたベストプラクティスの事例
●必見!地域と共生しながら自家消費の特需をつかむ方法
既設発電所の収益最大化に向けた最新トレンド
●再エネ事業のDX化で新たなビジネス創造
国や自治体の気になる動向を徹底分析
※講演内容は変更となる場合がございます。
 

新宿会場について

新年度がはじまる今、リアル会場でセミナーに参加しませんか?
業界のトップランナーが集まる会場では、参加者様同士・登壇者と直接の情報交換や交流が可能です。画面越しとはまた違う、登壇者の表情や会場の熱量を感じていただけること間違いなしです!

セミナー後には懇親会も開催!

セミナー後には、毎度好評をいただいております懇親会も開催いたします。さらに多くの業界関係者との交流や、登壇者や編集長への直接質問も可能な場となっております!
※写真は過去開催時のものです。

 

タイムテーブル

時間 講演
13:00 オープニング
13:05~ office SOTO代表 山下氏
『2023年度FIT/FIPの変更点、新設の屋根設置区分について』
13:50~ CHINT NEW ENERGY JAPAN株式会社 呉氏
『モジュール市場動向の最前線と日本市場に向けたchintの取り組み』
14:15~ 群馬県 知事戦略部グリーンイノベーション推進課 笠木氏
『2050年に向けた「ぐんま5つのゼロ宣言」について ~カーボンニュートラルへの挑戦~』
15:00~ 株式会社アンドパッド 山下氏
『アンケート結果にみる 太陽光施工での効率化のススメ』
休憩
15:40~ 川崎市 環境局 脱炭素戦略推進室 内田氏
『 川崎市の脱炭素社会に向けた取組 ~再エネ・民生部門を中心に~ 』
16:25~ Aikosolar Group日本支社 EIRONN株式会社 臧氏
『太陽光モジュールの技術発展により、発電量を最大限に』
16:50~ 一般社団法人 太陽光発電協会 (JPEA) 田所氏
『太陽光発電の健全な運営にむけたベストプラクティス』
17:25 エンディング

※講演内容やお時間は変更となる場合がございます。

 

 

登壇予定者紹介   ※順不同

.

群馬県 知事戦略部グリーンイノベーション推進課
課長
笠木 淳司 氏

講演『2050年に向けた「ぐんま5つのゼロ宣言」について ~カーボンニュートラルへの挑戦~』

.

川崎市 環境局 脱炭素戦略推進室
担当課長
内田 洋平 氏

講演『 川崎市の脱炭素社会に向けた取組 ~再エネ・民生部門を中心に~ 』

.

一般社団法人 太陽光発電協会 (JPEA)
系統技術部長
田所 康樹 氏

講演『太陽光発電の健全な運営にむけたベストプラクティス』

(株)荏原製作所(荏原バラード(株))、新日本石油(株)(現ENEOS(株))にて燃料電池システムの開発に従事。2017年から、(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)に出向し、次世代蓄電池開発プロジェクトに従事。2021年から(一社)太陽光発電協会(JPEA)に出向し、系統技術、地域共生共創、電力安全に関する業務に従事。

.

office SOTO代表 
省エネ・脱炭素エキスパート
山下 幸恵 氏

講演『2023年度FIT/FIPの変更点、新設の屋根設置区分について』

大手電力グループにて新電力でデマンドレスポンスやエネルギーソリューションに従事。自治体および大手商社と協力し、地域新電力の立ち上げを経験。2019年より独立してoffice SOTOを設立。複数のメディアで執筆するほか、自治体に向けた電力調達のソリューションや企業のテクニカル・デューデリジェンス調査等を実施。また、気候変動や省エネ・脱炭素についてのセミナーも行っている。

.

Aikosolar Group日本支社 EIRONN株式会社
営業一部部長
臧 啓鵬 氏

講演『太陽光モジュールの技術発展により、発電量を最大限に』

日本の大学院から卒業後、中国大手モジュールメーカーに入社し、営業販売、ビジネス展開業務全般に携わる。これまで10年以上太陽光発電業界の経験と知識を活用し、カーボンニュートラル実現へ貢献。

.

株式会社アンドパッド
第二事業本部 第三部 第二グループ 第一チーム リーダー
山下 英之 氏

講演『アンケート結果にみる 太陽光施工での効率化のススメ』

株式会社アンドパッド入社以降、専門工事会社のICT化を支援。
現在は太陽光企業を含む専門工事領域のチームリーダーとして従事。
各社のICT化及び業界全体のDXに貢献。

.

CHINT NEW ENERGY JAPAN株式会社
社長
呉 建鋒 氏

講演『モジュール市場動向の最前線と日本市場に向けたchintの取り組み』

青山学院大学にてMBA学位取得。FIT政策の初期から中国大手モジュールメーカーに勤務し、日本での営業販売・発電所の開発建設・経営管理業務全般に携わる。国内・海外の最新事情を把握し、モジュールの技術革新や市場動向に詳しい

.

ほか

 

 

協賛企業

Aikosolar Group日本支社 EIRONN株式会社
株式会社アンドパッド
CHINT NEW ENERGY JAPAN株式会社

 

参加お申し込みフォーム

本イベントは事前参加登録制です。
下記フォームより、参加ご登録をよろしくお願いいたします。

※リアル会場開催へのご招待は、EPC・発電事業者様を優先させていただく場合がございます。
※競合他社様のご参加はお断りさせていただく場合がございます。予めご了承ください。
※リアル会場参加は定員に達したため、受付を終了させていただきました。ご了承ください。

<個人情報の取り扱いについて>
ご提供いただきました個人情報は、株式会社アクセスインターナショナル(以下「弊社」)ならびに協賛企業によって運用いたします。弊社・協賛企業のいずれにおきましても、弊社の『個人情報保護方針』に基づいて厳重に管理し、本セミナーの遂行、および弊社・協賛企業からの関連無料研修・セミナーなどのご案内を目的として利用します。なお、ご本人の同意がある場合、または法令に基づく場合を除き、上記以外の第三者へと個人情報を開示・提供することはございません。詳細な個人情報の取扱いについては、弊社の『個人情報保護方針』をご確認ください。
参加お申込みにつきましては、以上の内容をご理解いただき、同意されたものとさせていただきますので、予めご了承下さいませ。

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 経産省、新電力ビジネスの経過措置「部分供給」の見直し案 オフサイトPPAへの影響は?...
  2. 【 参加受付中!】2024年4月23日(火)「第29回PVビジネスセミナー」~ 市場動向/PPA・蓄電池の最適化モデル ~...
  3. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  4. 市場運用者・広域機関に聞く、長期脱炭素電源オークションが目指すものとは?...
  5. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  6. 東京都の2024年度系統用蓄電池導入事業 特高5件、高圧6件を採択予定
  7. グリッドコードとは? 太陽光発電事業者も知っておくべき系統運用の新ルール...
  8. 太陽光発電所の盗難被害が急増 外国人グループの犯行か
  9. 専門家に聞いた! 日本に「垂直ソーラー」が必要な理由とは?
  10. 2024年度の脱炭素ビジネス【発電側課金・脱炭素オークション・非化石価値取引】...
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.48 | ¥0
2024/01/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ