太陽光イベント

【募集終了】1/30 九州・博多発「最新運用セミナー」開催! 出力抑制の秘策ココにあり!《ハイブリッド開催》

1月30日(火)、九州の発電事業者・EPCの方向けの太陽光発電ビジネスセミナーを開催。本イベントでは、出力抑制が厳しさを増す昨今、「蓄電池」を活用した“次世代の発電所運営”をご紹介。参加費は無料。事前申し込み受付中!

九州で太陽光発電所を計画・運用される事業者様必見です! 出力抑制が厳しくなり、これまでの事業性やシステムが異なる「新たな九州モデルの発電所」が、いま求められています。
“九州の市場はどうなるのか”、“九州の事業者はどのような計画をしているのか”……、本イベントは、ソーラー大国「九州エリア」で活躍する事業者やEPCが集う、“エリア特化型のビジネスセミナーです。
会場は、福岡・博多駅から徒歩すぐの「ウィズ ザ スタイル・フクオカ」にて開催。懇親会ではゆっくりとご商談できるお時間とお食事も用意しております。
ぜひ九州のソーラー事情や出力抑制の対策、蓄電池の活用アイデアを共有しましょう!ふるってエントリーくださいませ。
※本イベントはオンラインでも視聴可能です。

【お知らせ】
リアル会場参加への申し込みのお客様へ。
1/25までにエントリーいただきました皆様全員が会場参加可能となりました。編集部より当日のご案内メールをお送りしております。不具合等で届いてない場合もございますので、その際は編集部までご連絡いただけますようお願い致します。

※食事付きのリアル参加者は、組数限定!席に限りがあり。
専門家やメーカー、参加者とも直接ネットワーキングできるので、
九州の事業者様は“絶好のビジネス機会”になります!

 

《本イベントのみどころ》
低圧から高圧特高まで幅広い“テーマ”に

●業界トップランナーによる「九州の市場動向」を解説!
低圧発電所でも勝負できる蓄電池活用術が分かる
高圧・特高の迫る“出力抑制対策”。その蓄電池による解決策
九州のセカンダリー市場の考察・解決策がみえる!
●実際に「FIP転」した発電所のリアルを教えます!
ファーウェイの最新製品と活用事例がわかる!
●博多駅徒歩7分!豪華ホテル・ディナー会場で、ゆっくりと商談・情報交換ができる!

 

概要

 

開催日時 2024年1月30日(火)13:30~17:15 懇親会17:30~
※受付は13:00より
会期内容 九州地区の太陽光発電所事業者向けのセミナーイベント
(セミナー講演、懇親会)
会場 ウィズザスタイル 福岡 および オンライン
〒812-0016 福岡県福岡市博多区博多駅南1丁目9-18
JR、市営地下鉄博多駅筑紫口より徒歩7分
※リアルとオンラインのハイブリッド開催となります。
参加対象 九州地区の発電事業者・EPC様
※他競合企業および主催者が認められない企業の場合は、ご参加いただけない場合がございます。予めご了承ください。
参加費 無料 (食事付きのリアル会場は定員50名限定)
主催 株式会社エクソル、ファーウェイ・ジャパン
参加方法 当ページのエントリーフォームからお申し込みください
※応募多数の場合は抽選となります。
運営 ソーラージャーナル編集部
問い合わせ solar@access-i.co.jp

 

プログラム(講演予定)

講演:「九州市場はどうなる!? 太陽光発電投資の最新動向」
大手発電事業のトップランナーによる、今後の《九州エリアの市場性》を解説を予定。出力制御などの課題はありつつも、いまだ九州エリアの市場価値は高い!という。さて、それはどのような太陽光なのか。

 
講演:「低圧✕蓄電池」その可能性と将来性。
ファーウェイの蓄電池を設置した九州の低圧発電所をクローズアップ。既に実装済みの本サイトは、出力抑制の対策としても機能している。その実力やいかに!?

 
講演:「実際に“FIP転”やってみた!」
前回の東京開催で注目度の高かった「FIP転」。それはFIT価格によっては発電量UPは十分狙えるから。先行してFIP転事業を負う株式会社CO2OSが《FIP転のリアル》を特別に解説します。

 
講演:「九州のセカンダリー市場はいかに!?」
いまセカンダリー市場の動きが激しいという。出力制御の拡大するなか、九州エリアの発電所をどうみるか? 太陽光発電の総合商社 株式会社エクソルがセカンダリーの市場性を解きます!

 
講演:低圧~特高まで「蓄電池ソリューション」解説
ファーウェイの人気蓄電池を活用ケースを紹介。出力制御対策はもちろん、FIP、PPAでも重要な役目となる「蓄電池」。エネルギーの最大限活用する方法をファーウェイが詳しく教えます!

●19:00~ 終演
※上記は予定となります。出演者やタイトル、講演内容などは随時更新いたします。

登壇者

※随時、登壇者更新いたします。 ※順不同


大和エナジー・インフラ株式会社 再生可能エネルギー投資部
副部長 藤田学博 氏


地方公務員を経て、大和証券グループに入社、不動産・再エネ関係の公募も含む資金調達・アレンジャー業務に従事した後、2018年10月の大和エナジー・インフラ設立時メンバーとして参画。太陽光を中心とする国内再エネエクイティ投資に従事、バルク・Non-FIT・蓄電池含む資産取得からローン調達、バリューアップ、EXIT私募ファンド組成、再エネ企業への直接投資等、一気通貫で幅広く担当。


ファーウェイ技術日本  デジタルパワー事業部
福田繁穫 氏


デジタルパワー事業本部に所属し、各種パワーコンディショナー、蓄電池の販売、サイトの開発に従事。更に、日本市場へ最適な蓄電池ソリューション(PPA、自家消費、リパワリング)の提供を推し進めている。


株式会社エクソル
営業本部 産業推進部
加藤 和晃 氏


2011年に太陽光発電関連企業に入社し、産業用太陽光発電システムのEPC事業に従事。2018年に株式会社エクソルへ入社、産業推進課に所属し、10年以上産業用太陽光発電システムに携わるスペシャリストとして、お客様に合わせた最適なご提案、支援を行うために、日本全国各地を飛び回っている。


株式会社CO2OS 代表取締役社長
小林 直子氏 


太陽光モジュールメーカーに入社し、モジュール販売・技術協力等に従事した後、2015 年に株式会社CO2OS前身企業の株式会社 CO2O へ入社。開発部を立上げ、太陽光発電所開発や 5GW 以上の発電所評価診断(デューデリジェンス)、コンストラクションマネジメント、アセットマネジメントサポートに従事。2023年、企業が「CO2OS」となり、同年10月より代表取締役社長に就任。


ファーウェイ技術日本  プロダクトマネージャー
前田 敏徳  氏


パワーコンディショナー、蓄電池など各種製品のプロジェクトマネージャーとして開発に従事。。


 

会場/アクセス

JR博多駅近くのホテル「ウィズザスタイル 福岡」にて皆さまのご来場をお待ちしております。

ウィズザスタイル 福岡
〒812-0016 福岡県福岡市博多区博多駅南1丁目9-18
JR、市営地下鉄博多駅筑紫口より徒歩7分

 

参加お申し込みフォーム

本イベントは事前参加登録制です。
下記フォームより、参加ご登録をよろしくお願いいたします。

<個人情報の取り扱いについて>
ご提供いただきました個人情報は、株式会社アクセスインターナショナル(以下「弊社」)ならびに株式会社エクソル、ファーウェイ・ジャパンによって運用いたします。弊社・協賛企業のいずれにおきましても、弊社の『個人情報保護方針』に基づいて厳重に管理し、本セミナーの遂行、および弊社・協賛企業からの関連無料研修・セミナーなどのご案内を目的として利用します。なお、ご本人の同意がある場合、または法令に基づく場合を除き、上記以外の第三者へと個人情報を開示・提供することはございません。詳細な個人情報の取扱いについては、弊社の『個人情報保護方針』をご確認ください。
参加お申込みにつきましては、以上の内容をご理解いただき、同意されたものとさせていただきますので、予めご了承下さいませ。

関連記事

再エネビジネス塾
再エネビジネス塾 PPA

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. いつまで続けるのか、ガソリン補助という愚策
  2. ペロブスカイト太陽電池で日本の「復権」を目指す。官民協議会の1回目を開催!...
  3. 新たな蓄電池ビジネスの急拡大! 再エネ3倍増を踏まえた政策が必要
  4. 【 参加受付中!】2024年7月25日(木)「第30回PVビジネスセミナー」
  5. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  6. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  7. 太陽光発電 市町村の約4割でトラブルが発生、2割近くで未解決
  8. 専門家に聞いた! 日本に「垂直ソーラー」が必要な理由とは?
  9. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
  10. 【地域共生成功モデル紹介】地域貢献型システム&脱炭素住宅都市モデル
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ