編集部からのお知らせ

CO2Oが発電所を共同開発 SDGsの2目標への取り組み

評価診断とO&Mの実績2.3GWを誇る株式会社CO2Oが、大和エナジー・インフラと共同開発した太陽光発電所の完成と商業運転の開始を発表した。

メイン画像:日乃出グリーン電力1号太陽光発電所の写真

 

群馬県伊勢崎市に完成
2社が共同開発した発電所とは

太陽光発電所におけるトータルソリューションサービスを提供する株式会社CO2O。7月31日、同社と大和証券グループの投資業務を担う大和エナジー・インフラ株式会社が、群馬県伊勢崎市日乃出町に共同開発した日乃出グリーン電力1号太陽光発電所の完成と商業運転の開始を発表した。

この発電所の敷地面積は約18000㎡で、発電容量は約1.6MW。およそ565世帯分の電力を発電でき、これは同町内の半分程度に相当する。大和エナジー・インフラの出資100%のもと、CO2Oが設計から施工、O&M、アセットマネジメントまで手掛けることで、長期に渡って安定した運用ができる態勢を整えた。



2社は引き続き日乃出町地区に複数の発電所を開発し、合計で5MWの発電所を建設する考えだ。そうすることで、国連サミットで採択された持続可能な開発目標SDGs17の目標のうち、「エネルギーをみんなに、そしてクリーンに」と「気候変動に具体的な対策を」という2目標の実現に資することを目指している。

DATA

株式会社CO2O 公式リリース

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. いつまで続けるのか、ガソリン補助という愚策
  2. ペロブスカイト太陽電池で日本の「復権」を目指す。官民協議会の1回目を開催!...
  3. 新たな蓄電池ビジネスの急拡大! 再エネ3倍増を踏まえた政策が必要
  4. 【 参加受付中!】2024年7月25日(木)「第30回PVビジネスセミナー」
  5. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  6. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  7. 太陽光発電 市町村の約4割でトラブルが発生、2割近くで未解決
  8. 専門家に聞いた! 日本に「垂直ソーラー」が必要な理由とは?
  9. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
  10. 【地域共生成功モデル紹介】地域貢献型システム&脱炭素住宅都市モデル
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ